異神 (上) ─中世日本の秘教的世界

山本 ひろ子

新羅明神、摩多羅神、宇賀神、牛頭天王……。神でも仏でもない異貌の渡来神。歴史の闇をさすらう第三の尊格たちの生を探る、博捜の中世精神史。

異神 (上) ─中世日本の秘教的世界
  • シリーズ:ちくま学芸文庫
  • 1,540円(税込)
  • Cコード:0114
  • 整理番号:ヤ-12-1
  • 刊行日: 2003/06/10
    ※発売日は地域・書店によって
    前後する場合があります
  • 判型:文庫判
  • ページ数:448
  • ISBN:4-480-08768-0
  • JANコード:9784480087683

この本の内容

“異神”とはなんの謂いか。新羅明神に赤山明神、摩多羅神、宇賀神、牛頭天王…。耳慣れぬ異貌の神々。装いもそれぞれに中世密教の中枢に鎮座しながら、由来は神話中の神とも仏教典中の仏とも明かさず、あるいは祟りをなし、習合と変容を繰り返し、偽経中に生き延びるマジカル・フィギュア、第三の尊格たちの闇を探る。上巻は新羅明神と摩多羅神の周辺。唐山・新羅から院政前夜の叡山に来臨した新羅明神には、その由来から寺門対山門、寺門対王法の拮抗の歴史的契機をうかがい、摩多羅神には天台常行三昧行の守護神、修正会・延年舞における芸能神、本尊たる玄旨帰命壇における秘義潅頂の諸相まで、異神の来歴と変貌の現場をつぶさに解明する。

この本の目次

第1章 異神と王権―頼豪説話をめぐって(『平家物語』頼豪説話の構成とモティーフ
呪殺された王―後三条天皇崩御譚
頼豪説話の成立
鼠の秀倉譚 ほか)
第2章 摩多羅神の姿態変換―修行・芸能・秘儀(謎の神・摩多羅神
叡山常行堂と摩多羅神
秘儀と摩多羅神―摩怛利神法と玄旨潅頂の世界
修正会のなかの摩多羅神―秘法相伝と摩多羅神の「顕夜」 ほか)

この本への感想投稿

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社HP、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
は必須項目です。おそれいりますが、必ずご記入をお願いいたします。

(ここから質問、要望などをお送りいただいても、お返事することができません。あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちらへ)







 歳


 男性   女性 

 公開可   公開不可