涅槃への道 ─仏陀の入滅

渡辺 照宏

仏陀釈尊最後の数カ月が語られる本書は、パーリ語本に準拠し、梵、蔵、漢の諸書を参照して、仏伝の白眉『涅槃経』の世界を余すところなく解明する。

涅槃への道 ─仏陀の入滅
  • シリーズ:ちくま学芸文庫
  • 1,320円(税込)
  • Cコード:0115
  • 整理番号:ワ-1-3
  • 刊行日: 2005/12/07
    ※発売日は地域・書店によって
    前後する場合があります
  • 判型:文庫判
  • ページ数:352
  • ISBN:4-480-08956-X
  • JANコード:9784480089564

この本の内容

仏陀釈尊の生涯を編年的に裏づける資料は実はきわめて乏しい。その中にあって、釈尊の入滅に至るまでの最後の数ヶ月の出来事は、弟子たちにとって強く印象づけられたので、『涅槃経』として記録された。北伝としては、中央アジア出土梵語断片一本と漢訳四本が現存し、チベット語訳と漢訳との律部数節も内容的に梵語断片と相応する。南伝としては、パーリ語の長部経典の中に一本収められている。本書『涅槃への道』はパーリ語本の本文に準拠し、上記の北伝の諸資料をも参照して、仏伝の中の白眉と称えられる『涅槃経』の世界を余すところなく解明している。

この本の目次

ヴァルシャカーラ大臣との対話
ビクたちへの教え
戒・定・慧の教え
戒・定・慧の教え
シャーリプトラの求道心
戒・定・慧の教え
戒についての五つの教え
パータリ村の都市建設
四聖諦、戒・定・慧の教え
法の鏡、戒・定・慧の教え〔ほか〕

この本への感想投稿

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社HP、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
は必須項目です。おそれいりますが、必ずご記入をお願いいたします。

(ここから質問、要望などをお送りいただいても、お返事することができません。あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちらへ)







 歳


 男性   女性 

 公開可   公開不可