三つのヘーゲル研究

テオドール・W・アドルノ 著 , 渡辺 祐邦 翻訳

現代の弁証法の巨匠アドルノが、ヘーゲル哲学の構造と根本的視点に深い省察を加え、ヘーゲルをどのように読解すべきか、その鍵を呈示する。

三つのヘーゲル研究
  • シリーズ:ちくま学芸文庫
  • 1,210円(税込)
  • Cコード:0110
  • 整理番号:ア-11-2
  • 刊行日: 2006/03/08
    ※発売日は地域・書店によって
    前後する場合があります
  • 判型:文庫判
  • ページ数:304
  • ISBN:4-480-08968-3
  • JANコード:9784480089687

この本の内容

「現代はヘーゲルを前にして何を意味するかという問いは、まだ発せられてすらいない」―現代の弁証法の巨匠アドルノは本書でヘーゲル哲学の構造と根本的視点に深い省察を加えたのち、こう断言する。アドルノによれば、これまでに企てられたどんな解釈もこの史上まれに見る弁証法的思想家の核心をまだ捉えていない。ヘーゲルの著作は非常に難解だが、それはその哲学が現実のこちら側にとどまらず苛烈な世界のなかへと挺身してゆくところから来る。アドルノはヘーゲル哲学を徒らに思弁的と非難するのではなく、現実に対する最も鋭い認識と批判とをその語法から読み取り、読者の理解を助ける。

この本の目次

第1部 ヘーゲル哲学の視点
第2部 ヘーゲル哲学の経験内容
第3部 「暗い人」―またはヘーゲルをどう読むか

この本への感想投稿

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社HP、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
は必須項目です。おそれいりますが、必ずご記入をお願いいたします。

(ここから質問、要望などをお送りいただいても、お返事することができません。あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちらへ)







 歳


 男性   女性 

 公開可   公開不可