市場・道徳・秩序

坂本 多加雄

近代日本の「市場社会」観

明治の知識人は西欧思想における市場をどう受けとめたのか。緻密な文献的考証から福沢諭吉、徳富蘇峰らの思想を読み解く名著。
【解説: 猪木武徳 】

市場・道徳・秩序
  • シリーズ:ちくま学芸文庫
  • 1,650円(税込)
  • Cコード:0131
  • 整理番号:サ-22-1
  • 刊行日: 2007/07/10
    ※発売日は地域・書店によって
    前後する場合があります
  • 判型:文庫判
  • ページ数:464
  • ISBN:978-4-480-09085-0
  • JANコード:9784480090850
坂本 多加雄
坂本 多加雄

サカモト タカオ

1950−2002年。名古屋市生まれ。東京大学大学院法学政治学研究科博士課程修了。元学習院大学教授。日本政治思想史専攻。日本国家の来歴をどう位置づけるかをライフワークとした。1991年、本書でサントリー学芸賞と日経経済図書文化賞を受賞。『山路愛山』(吉川弘文館)、『象徴天皇制度と日本の来歴』(都市出版、読売論壇賞受賞)、『日本は自らの来歴を語りうるか』(筑摩書房)、『国家学のすすめ』(ちくま新書)など著書多数。

この本の内容

福沢諭吉、徳富蘇峰、中江兆民、幸徳秋水。代表的な明治の知識人である彼らは、西欧的近代思想における市場活動をどう受け止めたのか。立脚点が大きく異なる彼らの思想を、市場に対するスタンスから読み解く。秩序はいかに形成されるのか。人々の欲望が交換関係のうちに相互に媒介される「市場」によって育まれるのか、あるいは、欲望を自覚的・道徳的に抑制することが要件なのか。著作の精読から、明治という新たな時代におけるそれぞれの秩序構想を掘り下げて、経済と道徳の密接不可分の関係を浮き彫りにする、思想史研究の名著。1991年度サントリー学芸賞受賞作。

この本の目次

第1章 「独立」と「情愛」―福沢諭吉と市場社会
第2章 青年期徳富蘇峰における道徳と経済
第3章 中江兆民における道徳と政治―「近代的政治思想」とは何か
第4章 幸徳秋水における伝統と革命
補論1 独立・官吏・創業―明治政治思想史における「政治家」と「官僚」
補論2 経済的繁栄のなかの「市民」理想―『富と美徳』をめぐって

この本への感想投稿

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社HP、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
は必須項目です。おそれいりますが、必ずご記入をお願いいたします。

(ここから質問、要望などをお送りいただいても、お返事することができません。あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちらへ)







 歳


 男性   女性 

 公開可   公開不可