忠臣蔵  ─赤穂事件・史実の肉声

野口 武彦

彼らは何を思い、どのように戦ったのか
史料の叢から掬い上げた47人の苦悩と栄光

討ち入りへの道、挫折と決断、壮絶な戦闘、幕府の動揺、死を前にした浪士の言葉。史料の叢から四十七人の苦悩と栄光を掬い上げる傑作歴史書。

忠臣蔵  ─赤穂事件・史実の肉声
  • シリーズ:ちくま学芸文庫
  • 990円(税込)
  • Cコード:0121
  • 整理番号:ノ-1-3
  • 刊行日: 2007/11/07
    ※発売日は地域・書店によって
    前後する場合があります
  • 判型:文庫判
  • ページ数:256
  • ISBN:978-4-480-09109-3
  • JANコード:9784480091093
野口 武彦
野口 武彦

ノグチ タケヒコ

1937年生まれ。元神戸大学教授。近世文学・近世思想史を専攻し、現在は文芸評論家。文学と歴史の境界領域を探る。『江戸の歴史家』『安政江戸地震』(ちくま学芸文庫)、『幕末バトル・ロワイヤル』(新潮新書)、『幕末歩兵隊』『長州戦争』(中公新書)、『近代日本の詩と史実』(中央公論新社)、『江戸は燃えているか』(文藝春秋)、『幕末気分』(講談社文庫)など著書多数。

この本の内容

元禄の末、江戸城内の刃傷!浅野内匠頭は切腹、お家は断絶。大石内蔵助以下、浪士の討入りは称揚され、芝居になり、やがて国民伝説にまでなった。しかし実際の彼らはけっして一枚岩ではなかった。内部対立がある。相互不信がある。脱落者の相次ぐ中、さらなる逡巡、古武士の意地、引くに引けぬ心情…。47人はどのような日々を経て討ち入りに至ったのか。当日、吉良邸で繰り広げられた壮絶な戦闘とは。幕府が動揺するなかで、死を前にした浪士が遺した言葉とは。厖大な史料の叢に分け入って、事件の真相と、生きて血の通った元禄武士の人間ドラマを掘り起こした、傑作歴史書。

この本の目次

元禄十四年三月十四日(赤穂事件と「忠臣蔵」
その前夜
刃傷松の廊下
内匠頭切腹)
江戸と赤穂(元禄時代の江戸
殿中刃傷事件の前史
元禄経済小史
赤穂と吉良
米沢と広島)
城明渡し―一家離散―潜伏(藩札始末一件
城中百家争鳴
赤穂無血開城
江戸と山科
山科会議
円山会議
江戸潜入)
元禄十五年十二月十四日(吉良邸討入り
泉岳寺引揚げ
米沢上杉家江戸藩邸
四大名家へのお預け)
元禄十六年二月四日まで(諸藩邸での赤穂浪士
討入りのデテール
幕府上層部の苦慮
四十六士切腹
吉良左兵衛処分
事件の波紋とその後)

この本への感想投稿

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社HP、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
は必須項目です。おそれいりますが、必ずご記入をお願いいたします。

(ここから質問、要望などをお送りいただいても、お返事することができません。あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちらへ)







 歳


 男性   女性 

 公開可   公開不可