解禁 昭和裏面史 ─旋風二十年

森 正蔵

破滅の歴史の秘密を暴く

日々戦争へと雪崩込んでいった昭和前期。そこでは何が起きていたのか。戦時中公表できなかった事実を発掘した昭和史の名著。
【解説: 保阪正康 】

解禁 昭和裏面史 ─旋風二十年
  • シリーズ:ちくま学芸文庫
  • 1,650円(税込)
  • Cコード:0121
  • 整理番号:モ-12-1
  • 刊行日: 2009/07/08
    ※発売日は地域・書店によって
    前後する場合があります
  • 判型:文庫判
  • ページ数:512
  • ISBN:978-4-480-09228-1
  • JANコード:9784480092281
森 正蔵
森 正蔵

モリ ショウゾウ

1900−53年。ジャーナリスト。滋賀県生まれ。東京外国語学校(現東京外語大)卒。1926年、大阪毎日新聞社に入社。後、ハルビン、奉天、モスクワなどの特派点を務め、40年、屈指のロシア通として外信部ロシア課長となる。45年、東京本社社会部長で終戦を迎え、48年、出版局長、50年以降、取締役、論説委月長となる。本書は45−47年、3年連続ベストセラー。著書は他に『戦後風雲録』『風雪の碑』などがある。

この本の内容

日々戦争へと雪崩込んでいった昭和前期。そこでは何が企てられ、何が起きていたのか。本書は、激動のさなかにあって報道に従事した著者が、その間に蒐め得た一級の情報と、新聞人としての良心と技法によって著した史的報告書。張作霖爆死、さまざまな国家改造運動、二・二六事件、中国侵略の内幕、枢軸外交の失敗、日米交渉の真相、悲惨な敗戦。歴史を大きく動かした出来事であるにもかかわらず、当時公表できなかった事実を、敗戦直後、一気に発表した。真実に目隠しされていた国民は、本書に一斉にとびつき貪り読んだ。戦後ベストセラーの嚆矢にして、貴重な歴史の証言。

この本の目次

張作霖の爆死
ファッショ団体を衝く
「宝刀」を抜いた関東軍
吹きまくる満洲颪
二・二六前後
中国侵略の内幕
事変処理の裏面
破局に導いた枢軸外交
日米交渉の真相
風雲慌しき南方基地
「和製ナチ」東条軍閥
軍艦旗落つ
「共貧圏」の確立へ

この本への感想投稿

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社HP、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
は必須項目です。おそれいりますが、必ずご記入をお願いいたします。

(ここから質問、要望などをお送りいただいても、お返事することができません。あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちらへ)







 歳


 男性   女性 

 公開可   公開不可