マルセイユのユニテ・ダビタシオン

ル・コルビュジエ 著 , 山名 善之 翻訳 , 戸田 穣 翻訳

その建築理念とは?

近代建築の巨匠による集合住宅ユニテ・ダビタシオン。そこには住宅から都市まで、ル・コルビュジエの思想が集約されていた。充実の解説付。

マルセイユのユニテ・ダビタシオン
  • シリーズ:ちくま学芸文庫
  • 1,210円(税込)
  • Cコード:0152
  • 整理番号:ル-4-1
  • 刊行日: 2010/02/09
    ※発売日は地域・書店によって
    前後する場合があります
  • 判型:文庫判
  • ページ数:208
  • ISBN:978-4-480-09274-8
  • JANコード:9784480092748
ル・コルビュジエ
ル・コルビュジエ

コルビュジエ,ル

1887年、スイス、ラ・ショー=ド=フォン生れ。パリで設計活動を展開する。近代建築の基本を作り上げ、F・W・ライト、ミース・ファン・デル・ローエらとともに、近代建築の三巨匠と称される。1965年没。現存する代表作としては、「ユニテ・ダビタシオン」の他、「サヴォア邸」「東京国立西洋美術館」「ロンシャンの礼拝堂」など。

山名 善之
山名 善之

ヤマナ ヨシユキ

1966年、東京生れ。現在、東京理科大学准教授。

この本の内容

20世紀最大の建築家ル・コルビュジエは、フランスのマルセイユに「ユニテ・ダビタシオン(住居単位)」という名の巨大集合住宅を設計した。本書は、ル・コルビュジエが、最も重要なこの自作について、基本理念とプランを解説したものである。長らく原書でも読めなかった幻の著作に、詳細な解説を付した、文庫オリジナルの新訳。図版多数。

この本の目次

第1章 罵りの声
第2章 高みに立って
第3章 一枚のヨーロッパ地図から―人間の住まいを経て技術と社会の総覧へ
第4章 長い道のり一九〇七〜一九五〇―そして明日への行動指針
第5章 体系的記述―アンドレ・ヴォジャンスキー

この本への感想投稿

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社HP、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
は必須項目です。おそれいりますが、必ずご記入をお願いいたします。

(ここから質問、要望などをお送りいただいても、お返事することができません。あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちらへ)







 歳


 男性   女性 

 公開可   公開不可