響き合い、別れゆく
ふたりの鬼才

響き合い、互いの創作を高めあい、別れゆくふたりの鬼才。不世出のバリトン歌手が、若き日のニーチェを音楽の面から捉えなおした名著。
【解説: 茂木健一郎 】

ワーグナーとニーチェ
  • シリーズ:ちくま学芸文庫
  • 1,650円(税込)
  • Cコード:0110
  • 整理番号:フ-31-1
  • 刊行日: 2010/12/08
    ※発売日は地域・書店によって
    前後する場合があります
  • 判型:文庫判
  • ページ数:480
  • ISBN:978-4-480-09323-3
  • JANコード:9784480093233
ディートリヒ・フィッシャー=ディースカウ
ディートリヒ・フィッシャー=ディースカウ

フィッシャー=ディースカウ,ディートリヒ

1925年生まれ。現代を代表するドイツのバリトン歌手。ワーグナーをはじめとする幅広いオペラの役柄をこなす一方、宗教音楽やドイツ歌曲のすぐれた研究、解釈でも知られる。93年に舞台から退いたのちも、後進の指導や研究など、活発な活動を繰り広げている。邦訳書に『シューベルトの歌曲をたどって』『シューマンの歌曲をたどって』他。

この本の内容

国民的音楽家であったワーグナーと、若き俊英ニーチェ。ふたりはショーペンハウアーや古代ギリシアの讃美を通して共鳴しあい、たがいの創造に光を投げかけあうが、次第にニーチェの哲学は、ワーグナー的なものへの闘いとして展開されていく。響きあい、そして決裂するふたりの巨星の運命を、不世出のバリトン歌手、フィッシャー=ディースカウが美しく綴った名作。

この本の目次

トリスタン「前奏曲」
出会い
ショーペンハウアー
トリープシェン「幸せに酔う人びとの島」
友人たちとの生活
悲劇とムジーク・ドラマ
夢さめて
不安と疑念
祝祭劇の開幕
最後の出会い〔ほか〕

この本への感想投稿

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社HP、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
は必須項目です。おそれいりますが、必ずご記入をお願いいたします。

(ここから質問、要望などをお送りいただいても、お返事することができません。あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちらへ)







 歳


 男性   女性 

 公開可   公開不可