「科学者の社会的責任」についての覚え書

唐木 順三

最悪の事態を
なぜ防げなかったのか

核兵器・原子力発電という「絶対悪」を生み出した科学技術への無批判な信奉を、思想家の立場からきびしく問う、著者絶筆の警世の書。
【解説: 島薗進 】

「科学者の社会的責任」についての覚え書
  • シリーズ:ちくま学芸文庫
  • 990円(税込)
  • Cコード:0195
  • 整理番号:カ-1-4
  • 刊行日: 2012/01/10
    ※発売日は地域・書店によって
    前後する場合があります
  • 判型:文庫判
  • ページ数:176
  • ISBN:978-4-480-09434-6
  • JANコード:9784480094346
唐木 順三
唐木 順三

カラキ ジュンゾウ

1904年長野県生まれ。旧制松本高校を経て、1927年京都大学哲学科卒業。1932年に初の評論『現代日本文学序説』を刊行し、以後、法政大学予科教授、明治大学教授などを歴任しながら、実存哲学と豊かな感受性を融合させた独特の評論活動を展開した。1980年没。著書に『無用者の系譜』『現代史への試み』『日本人の心の歴史』など多数。

この本の内容

科学の発展は我々の暮らしを豊かにし、人類が解決しえなかった多くの問題を解決してきた。しかしそれは同時に、科学では解決できない新たな問題を生み出す歴史でもあった。著者はその最たるものとして原子力をあげ、望ましい科学のあり方について思索を進めていく。本書は、戦争を否定し平和を希求する科学者の集まり、パグウォッシュ会議の開催に触発されて書かれたもの。だが、会議の姿勢は評価しつつも、科学の発展そのものが文明や人類を破壊しうるという認識が科学者の側には足らないと厳しく指摘する。二十世紀を代表する批評家が最後の力を振りしぼって遺した警世の書。

この本の目次

「科学者の社会的責任」についての覚え書
An Essay
あとがき(臼井吉見)
本稿執筆のための文献
『朴の木』改版にあたって
私の念願
解説 人間の顔を持った科学へ(島薗進)

読者の感想

2012.1.14 TY

福島原発の事故を契機の刊行なのかもしれませんが、今回文庫におさめられ読むことができるようになったことを大変ありがたく思います。かつてのような文庫版全集の企画はどうしてこの頃はあまりないのでしょうか?選んで文庫化していただくこと、また新しい編集によって本が再びよみがえってくるのも嬉しいですが、一方で、その著作のほとんどを、できれば「手軽」に読むことができればといつも願っております。

この本への感想投稿

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社HP、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
は必須項目です。おそれいりますが、必ずご記入をお願いいたします。

(ここから質問、要望などをお送りいただいても、お返事することができません。あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちらへ)







 歳


 男性   女性 

 公開可   公開不可