今昔東海道独案内 東篇 ─日本橋より浜松へ

今井 金吾

ハイキング・ジャパン!

いにしえから庶民が辿ってきた幹線道路・東海道。日本人の歴史を、著者が自分の足で辿りなおした名著。東篇は日本橋より浜松まで。
【解説: 今尾恵介 】

今昔東海道独案内 東篇 ─日本橋より浜松へ
  • シリーズ:ちくま学芸文庫
  • 1,320円(税込)
  • Cコード:0121
  • 整理番号:イ-45-1
  • 刊行日: 2012/05/09
    ※発売日は地域・書店によって
    前後する場合があります
  • 判型:文庫判
  • ページ数:288
  • ISBN:978-4-480-09452-0
  • JANコード:9784480094520
今井 金吾
今井 金吾

イマイ キンゴ

1920年東京神田生まれ。早稲田大学卒業。日本経済新聞社入社、札幌支社長などを経て、江戸・街道の研究に専念。2010年没。『詳説江戸名所記』『半七は実在した』『江戸っ子の春夏秋冬』他、著書の他、『定本武江年表(上・ 中・下)等の編著も多数。

この本の内容

いにしえの昔から、日本の幹線道路として生きてきた道、東海道。庶民が辿った東海道五十三次は、江戸時代、いったいどのようになっていたのか。試みに二万五千分の一地図を持って歩いてみれば、国道や高速道路の裏側に、昔の旅人が憩ったであろう一里塚や飯屋が、神社やお寺、並木までもが、いまなおひっそり残っているのが分かる。私たち日本人の歴史が刻みこまれた街道を、著者が実際に自分の足で辿りなおした名著。上巻は日本の起点だったお江戸・日本橋を出発して、浜松・本坂越まで。全行程の地図を完備。

この本の目次

東海道の旅
東海道五十三次(日本橋より品川へ
品川より川崎へ
川崎より神奈川へ
神奈川より程ヶ谷へ
程ヶ谷より戸塚へ
戸塚より藤沢へ
藤沢より平塚へ
大山道
平塚より大磯へ
大磯より小田原へ ほか)

この本への感想投稿

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社HP、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
は必須項目です。おそれいりますが、必ずご記入をお願いいたします。

(ここから質問、要望などをお送りいただいても、お返事することができません。あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちらへ)







 歳


 男性   女性 

 公開可   公開不可