明治富豪史

横山 源之助

格差社会はここから始まった

維新そっちのけで海外投資に励み、贋札を発行してまで資本の蓄積に邁進する新興企業家・財閥創業者たちの姿を明らかにした明治裏面史。
【解説: 色川大吉 】

明治富豪史
  • シリーズ:ちくま学芸文庫
  • 1,100円(税込)
  • Cコード:0136
  • 整理番号:ヨ-14-1
  • 刊行日: 2013/11/06
    ※発売日は地域・書店によって
    前後する場合があります
  • 判型:文庫判
  • ページ数:240
  • ISBN:978-4-480-09582-4
  • JANコード:9784480095824
横山 源之助
横山 源之助

ヨコヤマ ゲンノスケ

1871-1915年。富山県生まれ。明治期に活躍した行動するジャーナリスト。片山潜らと労働組合運動を組織した。有磯逸郎・無膓・夢蝶・漂天痴童・樹下石上人といった筆名も持つ。二葉亭四迷や内田魯庵、幸田露伴らと知り合い、著述業の世界を志す。著書に『日本之下層社会』、『海外活動之日本人』、『怪物伝』、『凡人非凡人』、『南米ブラジル』などがある。

この本の内容

富国強兵、殖産興業といったことばで語られることの多い明治日本の「近代化」。しかし、国力の増強を図ることは、同時に貧富の格差を生み出すことでもあった。工業国日本の歯車として庶民がひたすら働き続ける中、新興企業家たちは「先見の明」によって甘い汁を吸い、富を蓄積していく。いわく贋札の発行と両替、政治家との癒着、金融・株式の支配、戦争特需…。三菱、三井、住友、安田、日産等々、実業界の歴史に燦然と輝く財閥・企業グループ創業期の実態に、『日本之下層社会』で搾取され、貧困にあえぐ人々の姿を描いた著者が迫る。社史には決して書かれることのない明治裏面史。

この本の目次

第1 明治富豪史(戦争
贋造紙幣
新人物 ほか)
第2 富豪貴族(富豪界の頭目
家庭の海上王
金融界の覇者 ほか)
第3 海外の人(無人島探検
獅子湾頭の怪
海外貿易者 ほか)

この本への感想投稿

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社HP、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
は必須項目です。おそれいりますが、必ずご記入をお願いいたします。

(ここから質問、要望などをお送りいただいても、お返事することができません。あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちらへ)







 歳


 男性   女性 

 公開可   公開不可