基礎講座 哲学

木田 元 編著 , 須田 朗 編著

日常の「自明と思われていること」にはどれだけ多くの謎が潜んでいるのか。哲学の世界に易しく誘い、その歴史と基本問題を大づかみにした名参考書。

基礎講座 哲学
  • シリーズ:ちくま学芸文庫
  • 1,430円(税込)
  • Cコード:0110
  • 整理番号:キ-10-2
  • 刊行日: 2016/04/06
    ※発売日は地域・書店によって
    前後する場合があります
  • 判型:文庫判
  • ページ数:416
  • ISBN:978-4-480-09710-1
  • JANコード:9784480097101
木田 元
木田 元

キダ ゲン

1928年生まれ。中央大学名誉教授。ハイデガー、メルロ=ポンティを中心とした現代哲学が専門。著書に『現象学』『ハイデガーの思想』『反哲学入門』等。

須田 朗
須田 朗

スダ アキラ

1947年生まれ。中央大学教授。カント、ハイデガーなどドイツ近現代哲学が専門。著書に『もう少し知りたい人のための「ソフィーの世界」哲学ガイド』(NHK出版)、翻訳にヨースタイン・ゴルデル『ソフィーの世界』(監修、NHK出版)など。

この本の内容

哲学とはどういう学問なのか?科学も答えてくれない人間をめぐる謎を、哲学はどのようにして解き明かすのか?日本を代表する哲学者がやさしく解説。第一部ではソクラテス以前に遡る西洋哲学の誕生から、現代までの歴史を大づかみ。第二部では、いまを生きるために避けて通れない問題―自然とのかかわり方、心と身体の関係、死との向き合い方など―をテーマごとに丁寧に考察する。数ある入門書のなかでももっとも基礎の基礎から説きおこし、自分の頭で問いを掘り下げる哲学的思考へと誘う名テキスト。

この本の目次

第1部 哲学とは何か(哲学の誕生―神話的・呪術的思考と哲学
西洋哲学の展開
現代哲学の諸傾向とその問題点)
第2部 現代に生きる人間と哲学(人間における自然と文化
心と身体
哲学における死の問題
人間の社会性
人間の自覚としての哲学―むすび)

この本への感想投稿

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社HP、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
は必須項目です。おそれいりますが、必ずご記入をお願いいたします。

(ここから質問、要望などをお送りいただいても、お返事することができません。あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちらへ)







 歳


 男性   女性 

 公開可   公開不可