イタリア絵画史

ロベルト・ロンギ 著 , 和田 忠彦 翻訳 , 丹生谷 貴志 翻訳 , 柱本 元彦 翻訳

現代イタリアを代表する美術史家ロンギ。本書は絵画史の流れを大胆に論じ、若き日の文化人達に大きな影響を与えた伝説的講義録である。解説 岡田温司

イタリア絵画史
  • シリーズ:ちくま学芸文庫
  • 定価:本体1,500円+税
  • Cコード:0170
  • 整理番号:ロ-12-1
  • 刊行日: 2020/06/10
    ※発売日は地域・書店によって
    前後する場合があります
  • 判型:文庫判
  • ページ数:384
  • ISBN:978-4-480-09990-7
  • JANコード:9784480099907

この本の内容

美術において重要なのは主題ではない、線・形・色がすべてだ―本書は、イタリアを代表する美術史家ロンギの伝説的講義録である。第1部「イデー」では、事物の躍動を捉えつつ展開していく線、光による造形性、色彩表現とその綜合様式など、美的判断の基準を提出。続く第2部「歴史」では、古代ローマから“イタリア絵画の終焉”までをイデーに基づいて論じる。絵画が心理的歴史的な説明図に堕することなく、純粋に視覚的に批評されるべしという透徹した主張は、パゾリーニやモランディらに絶大な影響を与えた。収録図版多数。

この本の目次

1 イデー(線的様式
造形的様式
造形的=線的様式
形の遠近法的様式
純色彩的様式 ほか)
2 歴史 イタリア絵画の変遷(ローマのモザイクの造形的様式
ビザンティンの色彩的様式
ギリシア=ビザンティンの線的様式
ロマネスク時代におけるこれらの芸術様式の細々とした継続
ドゥッチョと華紋線 ほか)

この本への感想投稿

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社HP、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
は必須項目です。おそれいりますが、必ずご記入をお願いいたします。

(ここから質問、要望などをお送りいただいても、お返事することができません。あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちらへ)







 歳


 男性   女性 

 公開可   公開不可