シリーズ親鸞1巻 歴史のなかの親鸞 ─真実のおしえを問う

名畑 崇 著 , 真宗大谷派

日本仏教史において浄土真宗はどのような意味をもつのか。鎌倉時代の宗教的状況を踏まえ、実証的歴史学の視点から親鸞の実像を明らかにし、その求道の生涯を浮き彫りにする。

シリーズ親鸞1巻 歴史のなかの親鸞 ─真実のおしえを問う
  • シリーズ:シリーズ・全集
  • 定価:本体1,800円+税
  • Cコード:0315
  • 整理番号:
  • 刊行日: 2010/04/28
    ※発売日は地域・書店によって
    前後する場合があります
  • 判型:四六判
  • ページ数:256
  • ISBN:978-4-480-32021-6
  • JANコード:9784480320216

この本の内容

親鸞が明らかにした浄土真宗は、日本仏教史においてどのような意味をもつのか。平安末期から鎌倉時代の宗教状況を踏まえ、法然から親鸞へと受け継がれた「宗教改革」の実像を明かす。また親鸞その人の一生の営みが、大乗の仏道の真実性を証明するものであったことを、実証的歴史学の視点からあきらかにする。

この本の目次

第1章 近代からの視点
第2章 世紀のおわり―南都の炎上
第3章 師・源空の至徳
第4章 念仏批判と停止
第5章 浄土真宗をひらく
第6章 教化の充実
終章 浄土真宗のコスモロジー

この本への感想投稿

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社HP、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
は必須項目です。おそれいりますが、必ずご記入をお願いいたします。

(ここから質問、要望などをお送りいただいても、お返事することができません。あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちらへ)







 歳


 男性   女性 

 公開可   公開不可