世界宗教史 2 ─ゴータマ・ブッダからキリスト教の興隆まで

ミルチア・エリアーデ 著 , 荒木 美智雄 翻訳 , 奥山 倫明 翻訳

世界宗教史 2 ─ゴータマ・ブッダからキリスト教の興隆まで
  • シリーズ:シリーズ・全集
  • 7,920円(税込)
  • Cコード:1322
  • 整理番号:
  • 刊行日: 1991/09/20
    ※発売日は地域・書店によって
    前後する場合があります
  • 判型:A5判
  • ページ数:672
  • ISBN:4-480-34002-5
  • JANコード:9784480340023

この本の内容

都市文明の発生は人類の宗教意識にも大きな影響を与え、さまざまな対立・葛藤の中から仏教、儒教、キリスト教が誕生する。神々の時代から世界宗教の時代への転換期を描く。

この本の目次

第16章 古代中国の宗教
第17章 バラモン教とヒンドゥー教―最初期の哲学と救済の技法
第18章 仏陀とその時代
第19章 仏陀のメッセージ―永遠回帰への恐怖から言葉を超えた至福へ
第20章 ローマの宗教―その起源からバッカス祭の迫害(前186年)まで
第21章 ケルト人、ゲルマン人、トラキア人、ゲタエ人
第22章 オルフェウス,ピタゴラス、新たなる終末論
第23章 マハーカーシャパからナーガールジュナにいたる仏教の歴史とマハーヴィーラ後のジャイナ教
第24章 ヒンドゥー教の総合―『マハーバーラタ』と『バガヴァッド・ギーター』
第25章 ユダヤ教の試練―黙示からトーラーの称賛へ
第26章 ヘレニズム時代におけるシンクレティズムと創造性―救済の約束
第27章 イランにおける新たな総合
第28章 キリスト教の誕生
第29章 帝政時代の異教、キリスト教、グノーシス派
第30章 神々のたそがれ

この本への感想投稿

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社HP、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
は必須項目です。おそれいりますが、必ずご記入をお願いいたします。

(ここから質問、要望などをお送りいただいても、お返事することができません。あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちらへ)







 歳


 男性   女性 

 公開可   公開不可