世界宗教史 3 ─ムハンマドから宗教改革の時代まで

ミルチア・エリアーデ 著 , 荒木 美智雄 翻訳 , 奥山 倫明 翻訳

世界宗教史 3 ─ムハンマドから宗教改革の時代まで
  • シリーズ:シリーズ・全集
  • 7,920円(税込)
  • Cコード:1322
  • 整理番号:
  • 刊行日: 1991/12/05
    ※発売日は地域・書店によって
    前後する場合があります
  • 判型:A5判
  • ページ数:568
  • ISBN:4-480-34003-3
  • JANコード:9784480340030

この本の内容

ヨーロッパとユーラシアの両大陸を舞台に、「歴史的宗教」であるユダヤ教、キリスト教、イスラーム教の三姉妹宗教の展開を、多彩で混沌とした異端信仰や民衆宗教との交流をまじえて描く。J.M.キタガワによる「思い出」と索引を付す。

この本の目次

第31章 古代ユーラシア大陸の宗教―トルコ・モンゴル人、フィン・ウゴール人、バルト・スラヴ人
第32章 聖像破壊運動(8―9世紀)までのキリスト教会
第33章 ムハンマドとイスラームの展開
第34章 シャルルマーニュからフィオーレのヨアキムまでの西欧カトリシズム
第35章 イスラームの神学と神秘主義
第36章 バル・コホバの乱からハシディズムまでのユダヤ教
第37章 ヨーロッパの宗教運動―中世後期から宗教改革前夜まで
第38章 宗教改革前後における宗教、魔術、ヘルメス主義の伝統
第39章 チベットの諸宗教

この本への感想投稿

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社HP、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
は必須項目です。おそれいりますが、必ずご記入をお願いいたします。

(ここから質問、要望などをお送りいただいても、お返事することができません。あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちらへ)







 歳


 男性   女性 

 公開可   公開不可