世界宗教史 4 ─諸世界の邂逅から現代まで

ミルチア・エリアーデ 著 , 荒木 美智雄 翻訳 , 奥山 倫明 翻訳

地理上の発見によって全貌が明らかになった世界の諸宗教は、人類の創造性の無限の宝庫である。エリアーデの遺志にそった共同執筆による、グローバルな精神史の簡潔。

世界宗教史 4 ─諸世界の邂逅から現代まで
  • シリーズ:シリーズ・全集
  • 7,920円(税込)
  • Cコード:1322
  • 整理番号:
  • 刊行日: 1998/11/30
    ※発売日は地域・書店によって
    前後する場合があります
  • 判型:A5判
  • ページ数:632
  • ISBN:4-480-34004-1
  • JANコード:9784480340047

この本の内容

グローバルな精神史、ついに完結!南北アメリカ、オーストラリア、オセアニア、日本、中国、インドネシア、アフリカ大陸などの諸地域を視野に収め、啓蒙期以来のヨーロッパにおける世俗化と宗教的創造性との関係について論じる。

この本の目次

メソアメリカの諸宗教―都市と象徴
六朝時代中国人の宗教信仰における道教
多様性と全体性―インドネシアの宗教
マナとタブー―オセアニアの宗教
トーテム・夢の時・チュリンガ―オーストラリアの宗教
家族共同体と宇宙の諸力―西アフリカの宗教における宗教的根本思想〔ほか〕

この本への感想投稿

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社HP、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
は必須項目です。おそれいりますが、必ずご記入をお願いいたします。

(ここから質問、要望などをお送りいただいても、お返事することができません。あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちらへ)







 歳


 男性   女性 

 公開可   公開不可