医心方 巻一A 医学概論篇

槇 佐知子 翻訳

世界的文化財・国宝「医心方」
≪「医学概論篇」≫

「ヒッポクラテスの誓い」をしのぐ東洋の医の倫理、古代オリエントの医学と薬学の基礎と心構えを、29文献から選出・編纂した書。『医心方』の医心方たる由縁の巻。

医心方 巻一A 医学概論篇
  • シリーズ:シリーズ・全集
  • 定価:本体30,000円+税
  • Cコード:3347
  • 整理番号:
  • 刊行日: 2011/11/07
    ※発売日は地域・書店によって
    前後する場合があります
  • 判型:菊判
  • ページ数:468
  • ISBN:978-4-480-50511-8
  • JANコード:9784480505118
槇 佐知子
槇 佐知子

マキ サチコ

静岡県生まれ。古典医学研究家。日本医史学会会員。日本最古の医学全書『医心方』と『大同類聚方』の研究に取り組み、独学で現代語に全訳。『全訳精解大同類聚方』の刊行により、1986年に菊池寛賞を、87年にエイボン功績賞を受賞。瀧井孝作の推薦で創作も発表している。著書に『医心方の世界』『日本昔話と古代医術』『自然に医力あり』『日本の古代医術』『くすり歳時記』などがある。『医心方全訳精解』全30巻を逐次刊行中。

この本の内容

巻一第一章の冒頭にまず医師の心構えを抄録する『医心方』の医心方たるゆえんの巻。巫を信じて医師を信じないのを不治の条件に挙げる紀元前の名医扁鵲の説や、最勝王経など仏典の医療のほか、診察上の諸注意、度量衡、漢方薬の薬理薬性、調合上の基本を説く。

この本の目次

第1章 治療における理念
第2章 諸病における不治の証候
第3章 薬の服用法の原則
第4章 薬を服用するときの禁止事項
第5章 薬物中毒の治療法
第6章 薬の調合法
第7章 薬の度量衡の規定
第8章 湯や酒に入れられない薬について
第9章 薬の単行、相須、相畏、相悪、相使、相反、相殺の法則

この本への感想投稿

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社HP、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
は必須項目です。おそれいりますが、必ずご記入をお願いいたします。

(ここから質問、要望などをお送りいただいても、お返事することができません。あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちらへ)







 歳


 男性   女性 

 公開可   公開不可