増補 女性解放という思想

江原 由美子

「女性解放」はなぜ難しいのか。リブ運動への揶揄を論じた「からかいの政治学」など、運動・理論における対立や批判から、その困難さを示す論考集。

増補 女性解放という思想
  • シリーズ:ちくま学芸文庫
  • 1,320円(税込)
  • Cコード:0136
  • 整理番号:エ-15-1
  • 刊行日: 2021/05/10
    ※発売日は地域・書店によって
    前後する場合があります
  • 判型:文庫判
  • ページ数:304
  • ISBN:978-4-480-51042-6
  • JANコード:9784480510426

この本の内容

「女性解放」を論じることはなぜ難しいのか。あるべき解放論を示すのではなく、かつて女性解放の運動と理論が直面した対立や批判、矛盾やその破綻を描くことで、今なお残る困難の数々を深く鋭く明かす論考集。1部には、イデオロギーに根ざす80年代女性解放論への批判と、「性差があるから差別ではない」とする言説の本質的な不当性を喝破した論考を収録。2部では、ウーマンリブ運動の思想史的位置付けと再評価を行い、3部では、フェミニズム運動への「からかい」が、非難や攻撃にもまさる抑圧的効果をもったことを明かした「からかいの政治学」など、メディアにおける女性表象の問題を追求した。今日までの状況を俯瞰する1章を加えた増補版。

この本の目次

増補 その後の女性たち―一九八五‐二〇二〇年(バブル・バブル崩壊・格差拡大の時代へ
一九八五年から二〇二〇年まで、社会はどう変わったか?
「より選択が困難」な時代へ
「女性解放論の現在」
「『差別の論理』とその批判―『差異』は『差別』の根拠ではない」
「リブ運動の軌跡」「ウーマンリブとは何だったのか」
「からかいの政治学」
「『おしん』」「孤独な『舞台』―現代女性とインテリア」)
1(女性解放論の現在
「差別の論理」とその批判―「差異」は「差別」の根拠ではない)
2(リブ運動の軌跡
ウーマンリブとは何だったのか)
3(からかいの政治学
「おしん」
孤独な「舞台」―現代女性とインテリア)

この本への感想投稿

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社HP、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
は必須項目です。おそれいりますが、必ずご記入をお願いいたします。

(ここから質問、要望などをお送りいただいても、お返事することができません。あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちらへ)







 歳


 男性   女性 

 公開可   公開不可