ヴードゥーの神々 ─ジャマイカ、ハイチ紀行

ゾラ・ニール・ハーストン 著 , 常田 景子 翻訳

20世紀前半、黒人女性学者がカリブ海宗教研究の旅に出る。秘儀、愛の女神、ゾンビ――学術調査と口承文学を往還する異色の民族誌。解説 今福龍太

ヴードゥーの神々 ─ジャマイカ、ハイチ紀行
  • シリーズ:ちくま学芸文庫
  • 1,760円(税込)
  • Cコード:0114
  • 整理番号:ハ-57-1
  • 刊行日: 2021/07/08
    ※発売日は地域・書店によって
    前後する場合があります
  • 判型:文庫判
  • ページ数:464
  • ISBN:978-4-480-51058-7
  • JANコード:9784480510587

この本の内容

私たちの世界には生者と死者がいる。だが、ハイチには生者と死者がいて、それからゾンビがいるのだ―。20世紀前半の人類学者ハーストンは、米国南部の黒人民話の調査を経て、カリブ海域へフィールドワークの旅に出る。その成果たる本書は、習俗や秘儀等の民族誌的記述のみならず、ハイチの歴史や政治批評、調査体験談が縦横に挿入され、最後は音楽とダンスの始原についての短い神話で締めくくられる。ハーレム・ルネサンスの黒人作家としても知られる彼女の手法は、学術研究と口承文学のあわいを往還し、「遠い異文化の客観的記述」としての文化人類学に異議を投げかけた。“異色の人類学”の著作として名高い書。

この本の目次

第1部 ジャマイカ(雄鶏の巣
カレー・ゴート
猪狩り
通夜の歌
カリブの女たち)
第2部 ハイチの政治と人々(国家の再生
次の百年
黒いジャンヌ・ダルク
ルコントの死)
第3部 ハイチのヴードゥー(ヴードゥーの神々
ゴナーヴ島
アルカーエと、その意味するところ
ゾンビ
セクト・ルージュ
パルレー・シュヴァル・ウ(わが馬よ、語れ)
墓場の土、その他の毒
ドクター・リザー
神とホロホロ鳥)

この本への感想投稿

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社HP、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
は必須項目です。おそれいりますが、必ずご記入をお願いいたします。

(ここから質問、要望などをお送りいただいても、お返事することができません。あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちらへ)







 歳


 男性   女性 

 公開可   公開不可