レストランの誕生 ─パリと現代グルメ文化

レベッカ・L・スパング 著 , 小林 正巳 翻訳

革命前、突如パリに現れたレストラン。なぜ生まれ、なぜ人気のスポットとなったのか? その秘密を膨大な史料から複合的に描き出す。解説 関口涼子

レストランの誕生 ─パリと現代グルメ文化
  • シリーズ:ちくま学芸文庫
  • 2,090円(税込)
  • Cコード:0122
  • 整理番号:ス-26-1
  • 刊行日: 2021/10/07
    ※発売日は地域・書店によって
    前後する場合があります
  • 判型:文庫判
  • ページ数:592
  • ISBN:978-4-480-51076-1
  • JANコード:9784480510761
レベッカ・L・スパング
レベッカ・L・スパング

レベッカ スパング

インディアナ大学歴史学部教授。本書の出版でレストランの理解に革命をもたらしたと評された。近著に『フランス革命期のモノとカネ』(未邦訳)がある。

小林 正巳
小林 正巳

コバヤシ マサミ

フランス文学者。元文京学院大学教授。

この本の内容

フランス革命期に突如パリの街に出現した「レストラン」。はじめそれは体力を回復させる一杯のブイヨンを意味し、後に今日同様、美食を愉しむ場を示す言葉となった。瞬く間に人気のスポットとなったが、フランスには食堂や宿屋など、外食のできる店が以前から存在していた。なぜレストランだけがもてはやされたのか?その発端はレストランの「発明者」シャントワゾーによる広告戦略にあった―。膨大な史料からレストラン誕生の瞬間を活写し、レストランが社会に受け入れられ、やがて社会を変える存在になるまでを詳細に描く。ヨーロッパ食文化史の一大傑作。

この本の目次

序章 レストランを作るとは
第1章 万人の友
第2章 ルソー的感性の“新料理”
第3章 公共の空間における私的な食欲
第4章 道徳、平等、もてなし!
第5章 定価―大食とフランス革命
第6章 美食狂から美食学へ
第7章 パリをメニューに載せる
第8章 レストランに隠れる
終章 レストランと夢想

この本への感想投稿

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社HP、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
は必須項目です。おそれいりますが、必ずご記入をお願いいたします。

(ここから質問、要望などをお送りいただいても、お返事することができません。あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちらへ)







 歳


 男性   女性 

 公開可   公開不可