交響する経済学 ─経済学はどう使うべきか

中村 達也

それぞれの分野ですぐれた処方箋を出した経済学者にスポットライトをあて、経済学をどう理解し、どう使えば社会がうまく回るのかを、指し示す。

交響する経済学 ─経済学はどう使うべきか
  • シリーズ:ちくま学芸文庫
  • 1,430円(税込)
  • Cコード:0133
  • 整理番号:ナ-31-1
  • 刊行日: 2022/02/09
    ※発売日は地域・書店によって
    前後する場合があります
  • 判型:文庫判
  • ページ数:400
  • ISBN:978-4-480-51108-9
  • JANコード:9784480511089
中村 達也
中村 達也

ナカムラ タツヤ

1941年秋田市生まれ。一橋大学大学院経済学研究科博士課程修了。千葉大学教授、中央大学教授を経て、現在中央大学名誉教授。著書に、『市場経済の理論』『ガルブレイスを読む』他、訳書にR・スキデルスキー著『ケインズ時代の終焉』、R・ハイルブローナー他著『現代経済学』他多数。

この本の内容

世の中には名だたる経済学の古典がいくつもある。しかしケインズは、経済学者であるからには学術専門書ではなく、パンフレットのようなものを書くべきだと述べた。経済学者は日々変化する経済情勢をつかみ取り、それに対処し続けなければならないと考えたからだ。本書では経済政策の表舞台に立った当のケインズをはじめ、スラッファ、シューマッハー、ミュルダール、セン、ハロッド、都留重人らによって書かれた様々な問題への、今こそ注目すべき処方箋を紹介。あわせて無数に枝分かれした各経済学派の特徴と、その目指すところも解説する。経済学に興味のあるすべての人へ。学芸文庫オリジナル。

この本の目次

第1章 経済学者たちの処方箋(幸福と経済学―ケインズとシェイクスピアとスミス
労働からの解放―ケインズとラッセルとゴルツ ほか)
第2章 戦後経済学のマトリックス(混合経済と経済成長下の経済学
経済成長の転換と反ケインズ経済学 ほか)
第3章 経済学における中心と周縁(異端・反主流・周縁
周縁からの批判的メッセージ ほか)
第4章 ライフスタイルと経済(イギリスの地で考える
歳時記の中の経済)

この本への感想投稿

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社HP、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
は必須項目です。おそれいりますが、必ずご記入をお願いいたします。

(ここから質問、要望などをお送りいただいても、お返事することができません。あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちらへ)







 歳


 男性   女性 

 公開可   公開不可