憲法はむずかしくない

池上 彰

憲法はとても大事なものだから、変えるにしろ、守るにしろ、しっかり考える必要がある。そもそも憲法ってなんだろう? この本は、そんな素朴な質問に答えます。

憲法はむずかしくない
  • シリーズ:ちくまプリマー新書
  • 定価:本体780円+税
  • Cコード:0232
  • 整理番号:24
  • 刊行日: 2005/11/07
    ※発売日は地域・書店によって
    前後する場合があります
  • 判型:新書判
  • ページ数:192
  • ISBN:978-4-480-68724-1
  • JANコード:9784480687241
池上 彰
池上 彰

イケガミ アキラ

1950年長野県生まれ。NHKで記者・キャスターとして、事件・事故・災害・教育問題・消費者問題など様々な分野のニュースを取材。2005年3月にNHKを退職し、フリーランスのジャーナリストに。ニュース解説者として各メディアに出演する傍ら、東京工業大学、東京大学など9つの大学で教鞭を執り、教育活動にも従事する。著書に『池上彰の憲法入門』(プリマー新書)、『お金で世界が見えてくる』(ちくま新書)、『池上彰の 未来を拓く君たちへ』(日本経済新聞出版社)、『世界を変えた10冊の本』『この社会で戦う君に「知の世界地図」をあげよう』『この日本で生きる君が知っておくべき「戦後史の学び方」』『学校では教えない「社会人のための現代史」』(以上、文春文庫)、『知の越境法』(光文社新書)ほか、多数。

この本の内容

憲法はとても大事なものだから、変えるにしろ、守るにしろ、しっかり考える必要がある。そもそも憲法ってなんだろう?この本は、そんな素朴な質問に答えます。

この本の目次

第1章 憲法があって初めて国家がある(政府がなくなると混乱が起きる
まずは「とりあえずの政府」から ほか)
第2章 日本国憲法はこうして生まれた(戦争に負けて憲法を改正することになった
日本案は明治憲法と大して変化がなかった ほか)
第3章 日本国憲法を読んでみよう(戦争への反省から始まった
明治憲法とはどんなものだったのか ほか)
第4章 第九条が常に争点になってきた(「兵隊も軍艦も持たない」と言ったはず
憲法を作る途中で修正が入った ほか)
第5章 憲法は変えるべきなのか?(自衛隊はイラクへ行ったけど
自民党は憲法改正案をまとめた ほか)

この本への感想投稿

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社HP、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
は必須項目です。おそれいりますが、必ずご記入をお願いいたします。

(ここから質問、要望などをお送りいただいても、お返事することができません。あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちらへ)







 歳


 男性   女性 

 公開可   公開不可