古代から来た未来人 折口信夫

中沢 新一

「折口信夫のような奇跡的な学問をなんとかして自分でもつくってみたい。それが私をこれまで突き動かしてきた夢だったような気がします」(中沢新一)

古代を実感することを通して、日本人の心の奥底を開示した稀有な思想家・折口信夫。若い頃から彼の文章に惹かれてきた著者が、その未来的な思想を鮮やかに描き出す。

古代から来た未来人 折口信夫
  • シリーズ:ちくまプリマー新書
  • 770円(税込)
  • Cコード:0239
  • 整理番号:82
  • 刊行日: 2008/05/07
    ※発売日は地域・書店によって
    前後する場合があります
  • 判型:新書判
  • ページ数:144
  • ISBN:978-4-480-68784-5
  • JANコード:9784480687845
中沢 新一
中沢 新一

ナカザワ シンイチ

思想家、人類学者。1950年、山梨県生まれ。明治大学野性の科学研究所所長。著書に『古代から来た未来人 折口信夫』(ちくまプリマー新書)、『緑の資本論』(ちくま学芸文庫)、『チベットのモーツァルト』『森のバロック』(以上、講談社学術文庫)、『カイエ・ソバージュ』全5巻(講談社選書メチエ)、『アースダイバー』(講談社)、『日本の大転換』(集英社新書)など。

著者からのメッセージ

折口信夫と天竜川[全文を読む]

この本の内容

古代を実感することを通して、日本人の心の奥底を開示した稀有な思想家折口信夫。若い頃から彼の文章に惹かれてきた著者が、その未来的な思想を鮮やかに描き出す。

この本の目次

序文 奇跡のような学問
第1章 「古代人」の心を知る
第2章 「まれびと」の発見
第3章 芸能史という宝物庫
第4章 未来で待つ人
第5章 大いなる転回
第6章 心の未来のための設計図

読者の感想

2008.5.14 山 美喜子

 折口が、これからの「神道」の在り方を「超宗教」と捉えていたという論点が新しいと思いました。しかし、折口が目指していたとするものが、本書では「まっすぐな生命」とか「魂」とか、ひろく使われる平易な言葉で表現されているだけに、かえって曖昧で理解しにくいと感じました。宗教を超えた宗教の概念を、中沢氏がより斬新な、実感を伴った表現でさらに展開されることを期待します。

この本への感想投稿

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社HP、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
は必須項目です。おそれいりますが、必ずご記入をお願いいたします。

(ここから質問、要望などをお送りいただいても、お返事することができません。あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちらへ)







 歳


 男性   女性 

 公開可   公開不可