14歳からの靖国問題

小菅 信子

そもそも何が問題なのか!?

英霊、名誉の戦死、戦犯合祀……。いまなお靖国神社につきまとう様々な問題を通して、戦死者の追悼を平和と和解の未来へつなげるにはどうしたら良いかを考える。

14歳からの靖国問題
  • シリーズ:ちくまプリマー新書
  • 836円(税込)
  • Cコード:0236
  • 整理番号:142
  • 刊行日: 2010/07/05
    ※発売日は地域・書店によって
    前後する場合があります
  • 判型:新書判
  • ページ数:176
  • ISBN:978-4-480-68844-6
  • JANコード:9784480688446
小菅 信子
小菅 信子

コスゲ ノブコ

1960年東京都生まれ。上智大学文学部史学科卒業、同大学院文学研究科史学専攻博士課程修了満期退学。ケンブリッジ大学国際研究センター客員研究員を経て、現在、山梨学院大学法学部政治行政学科教授。専門は、近現代史、国際関係論、平和研究。著書に『戦後和解』(中公新書、石橋湛山賞)『ポピーと桜』(岩波書店)『歴史和解と泰緬鉄道』(共著、朝日選書)『戦争の記憶と捕虜問題』(共編、東京大学出版会)『歴史認識共有の地平』(共編、明石書店)Britain and Japan in The Twentieth Century (共編、I.B.タウリス)Japan and Britain at War and Peace (共編、ラウトリッジ)、 訳書にレーリンク、カッセーゼ『東京裁判とその後』(中公文庫)など。現在は、戦争と人道、戦後・植民地支配後の平和構築と和解をめぐる問題に取り組んでいる

この本の内容

英霊、名誉の戦死、戦犯合祀…。いまなお靖国神社につきまとう様々な問題を通して、戦死者の追悼を平和と和解の未来へつなげるにはどうしたらよいかを考える。

この本の目次

はじめに―一〇〇点満点の答えのない問題
第1章 「靖国神社」に行ってみる
第2章 英霊
第3章 戦死者を追悼する
第4章 名誉の戦死
第5章 敗戦と靖国神社
第6章 靖国問題を解くために

この本への感想投稿

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社HP、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
は必須項目です。おそれいりますが、必ずご記入をお願いいたします。

(ここから質問、要望などをお送りいただいても、お返事することができません。あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちらへ)







 歳


 男性   女性 

 公開可   公開不可