牧野信一全集 1 ─大正8年8月〜大正12年12月

牧野 信一 著 , 保昌 正夫 編集 , 関井 光男 編集

牧野信一全集 1 ─大正8年8月〜大正12年12月
  • シリーズ:シリーズ・全集
  • 定価:本体6,800円+税
  • Cコード:0393
  • 整理番号:
  • 刊行日: 2002/08/23
    ※発売日は地域・書店によって
    前後する場合があります
  • 判型:A5判
  • ページ数:610
  • ISBN:4-480-70521-X
  • JANコード:9784480705211

この本の目次

秋雨の絶間
悲しき項羽
月下のマラソン
蘭丸の絵

駒鳥の胸
やぶ入の前夜
嘆きの孔雀
喜びと悲しみの熱涙
泣き笑ひ
ランプの明滅
辞書と新聞紙
I Am Not A Poet,But I Am A Poet.

親孝行
初夏
若い作家と蠅
首相の思出
凸面鏡

雛菊と雲雀の少年の話
闘戦勝仏
青白き公園
不思議な船
悦べる木の葉
失題
白明
愚かな朝の話
公園へ行く道
美智子と日曜日の朝の話
疳の虫
坂道の孤独参昧
痴想
晩秋
砂浜
香水の虹
池のはまり
心配な写真
清一の写生旅行

鞭撻
妄想患者
眠い一日
お父さんのお寝坊
周一と空気銃とハーモニカ
美智子と歯痛
熱海へ
地球儀
四郎と口笛
目醒時計の憤慨
川開きの夜
鍵のまぼろし
喜びの歌
猛虎
散る心
静な物語
わすれな草
はるさめ
オルゴルの夢
河岸の哀愁曲
春の海辺にて
晴れてゆく美しい雨
石鹸玉の夢と歌時計
風薫る
思ひ出
浪しぶき
月と口笛
小馬の鈴
兎のお舟
わかれ
いためる胡蝶
忘れた夢
舞台の裏で
出郷
TARO NO HATSU YUME
真昼の花
希望
帰らぬ鳥
夜の虹
本塁打
編輯雑記
同人雑記
同腹異腹
みじめな夜
その

この本への感想投稿

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社HP、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
は必須項目です。おそれいりますが、必ずご記入をお願いいたします。

(ここから質問、要望などをお送りいただいても、お返事することができません。あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちらへ)







 歳


 男性   女性 

 公開可   公開不可