坂口安吾全集17 ─インタビュー 対談・座談 他

坂口 安吾 著 , 柄谷 行人 編集 , 関井 光男 編集

坂口安吾全集17 ─インタビュー 対談・座談 他
  • シリーズ:シリーズ・全集
  • 8,580円(税込)
  • Cコード:0395
  • 整理番号:
  • 刊行日: 1999/08/25
    ※発売日は地域・書店によって
    前後する場合があります
  • 判型:A5変判
  • ページ数:568
  • ISBN:4-480-71047-7
  • JANコード:9784480710475
坂口 安吾
坂口 安吾

サカグチ アンゴ

1906-1955。新潟市の生まれ。本名は炳五。中学を放校されて上京、東洋大でインド哲学、アテネ・フランセでフランス文学を学ぶ。「木枯の酒倉から」「風博士」によって、一部の注目をあびる。戦争中は「日本文化私観」「青春論」などの卓抜なエッセイを書きつづけ、戦後、「白痴」「堕落論」で一挙に世に出た。独特の発想と視点をもった文明批評や、「不連続殺人事件」などの探偵小説もある。

柄谷 行人
柄谷 行人

カラタニ コウジン

1941年、兵庫県生まれ。東京大学経済学部卒、同大学大学院英文科修士課程修了。文芸批評家・思想家。元・法政大学教授。1969年、群像新人文学賞評論部門を受賞しデビュー。以後、日本近代文学への犀利な批評や、マルクス・カントらの独創的読解、交換様式論に基づく世界史論など、多彩な執筆活動を続け、国際的な評価も高い。主な著書に『定本 日本近代文学の起源』『トランスクリティーク』『世界史の構造』などがあり、著作集に「定本 柄谷行人集」(全五巻)がある。

この本の目次

文学の新精神を語る―井上友一郎・大島敬司・河田誠一・田村泰次郎・堀寿子・真杉静枝・矢田津世子
(A)新しいモラルを、(B)文学者の生活を、(C)文芸ジャーナリズムを、いかにすべきか?―青野季吉・伊藤整・高見順・島木健作・保田与重郎・丹羽文雄・中村地平
昭和十六年の文学を語る―高木卓・大井広介・井上友一郎・平野謙・佐々木基一・宮内寒弥
一問一答 丹羽文雄は何を考へてゐるか―丹羽文雄・杉山英樹・平野謙・井上友一郎・佐々木基一・野口冨士男・赤木俊・高木卓・大井広介・宮内寒弥
歴史文学を中心に―杉山英樹・高木卓・宮内寒弥・平野謙・大井広介・井上友一郎・檀一雄・佐々木基一・赤木俊・南川潤
文学鼎談―南川潤・大井広介
文学対談―尾崎士郎
新文学樹立のために―井上友一郎・伊藤整・江戸川乱歩・大林清・木々高太郎・平野謙・福田恆存・山岡荘八・松本太郎
文学・モラル・人間―豊島与志雄・青野季吉・中野重治
新しき文学―辰野隆・石川達三・高見順〔ほか〕

この本への感想投稿

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社HP、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
は必須項目です。おそれいりますが、必ずご記入をお願いいたします。

(ここから質問、要望などをお送りいただいても、お返事することができません。あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちらへ)







 歳


 男性   女性 

 公開可   公開不可