中野重治全集 2 ─村の家

中野 重治 著 , 松下 裕 編集

中野重治全集 2 ─村の家
  • シリーズ:シリーズ・全集
  • 9,185円(税込)
  • Cコード:0393
  • 整理番号:
  • 刊行日: 1996/05/20
    ※発売日は地域・書店によって
    前後する場合があります
  • 判型:A5判
  • ページ数:516
  • ISBN:4-480-72022-7
  • JANコード:9784480720221
松下 裕
松下 裕

マツシタ ユタカ

1930年生まれ。早稲田大学ロシア文学科卒業。著書に『チェーホフの光と影』『ロシアの十大作家』ほか、訳書に『チェーホフ全集』全12巻『チェーホフ・ユモレスカ』全3巻、『チェーホフ短篇集』ほか。

この本の内容

転向出獄後、太平洋戦争開始にいたる時期の、自伝小説をのぞく全短篇を収める。苛酷な条件のもとで、革命運動の流れをあらためてとらえなおし、労働者の仕事、民衆の姿をその生活感覚において芸術的に再現しようとした作品群。戦前小説集 1935‐41。

この本の目次

第一章
鈴木 都山 八十島
村の家
同窓会
一つの小さい記録
小説の書けぬ小説家
車掌二人
谷口タニ
むし暑い日
おじさんの話
汽車の缶焚き
旧友
原の欅
演習
空想家とシナリオ
汽車のなか
留守
娘分の女
鶉の宿
おばあさんの村
映画女優の話

この本への感想投稿

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社HP、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
は必須項目です。おそれいりますが、必ずご記入をお願いいたします。

(ここから質問、要望などをお送りいただいても、お返事することができません。あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちらへ)







 歳


 男性   女性 

 公開可   公開不可