中野重治全集10 ─論議と小品

中野 重治 著 , 松下 裕 編集

中野重治全集10 ─論議と小品
  • シリーズ:シリーズ・全集
  • 10,230円(税込)
  • Cコード:0395
  • 整理番号:
  • 刊行日: 1997/01/20
    ※発売日は地域・書店によって
    前後する場合があります
  • 判型:A5判
  • ページ数:636
  • ISBN:4-480-72030-8
  • JANコード:9784480720306
松下 裕
松下 裕

マツシタ ユタカ

1930年生まれ。早稲田大学ロシア文学科卒業。著書に『チェーホフの光と影』『ロシアの十大作家』ほか、訳書に『チェーホフ全集』全12巻『チェーホフ・ユモレスカ』全3巻、『チェーホフ短篇集』ほか。

この本の内容

戦前評論集 1934‐36。転向出獄後の三年間に書かれた芸術・社会についての全評論。敗北の「消えぬ痣」を頬にのこしながらも「第一義の道」を歩もうとした著者は、批評のなかに統計の数字などを援用しつつ、いっそう現実に密着した日本研究を志している。

この本の目次

村の話
多少の改良
イデオロギー的批評を望む
室生さんへ返事
刑務所で読んだものから
風習の考え方
このごろの感想
「文学者に就て」について
日本研究
戦うことと避けて通ることと〔ほか〕

この本への感想投稿

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社HP、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
は必須項目です。おそれいりますが、必ずご記入をお願いいたします。

(ここから質問、要望などをお送りいただいても、お返事することができません。あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちらへ)







 歳


 男性   女性 

 公開可   公開不可