山口昌男著作集 4 ─アフリカ

山口 昌男 著 , 今福 龍太 編集

山口昌男著作集 4 ─アフリカ
  • シリーズ:シリーズ・全集
  • 5,720円(税込)
  • Cコード:0310
  • 整理番号:
  • 刊行日: 2003/02/25
    ※発売日は地域・書店によって
    前後する場合があります
  • 判型:四六判
  • ページ数:416
  • ISBN:4-480-75174-2
  • JANコード:9784480751744
山口 昌男
山口 昌男

ヤマグチ マサオ

1931年生まれ。東京外国語大学名誉教授。2013年没。

今福 龍太
今福 龍太

イマフク リュウタ

1955年生まれ。文化人類学者・批評家。1980年代初頭から、メキシコ、ブラジル、キューバなどで調査研究に携わる。奄美自由大学を主宰する。著書に『クレオール主義』『ヘンリー・ソロー 野生の学舎』『宮沢賢治 デクノボーの叡知』など多数。

この本の内容

山口にとってのアフリカは、いうまでもなく彼の独創的な人類学的認識論を育んだ最初のフィールドであった。だが、アフリカはそれが開示する神話世界を媒介にして人間文化のマトリクス(母胎)を探求するための特権的な方法論的概念でもあった。そこが、凡百のアフリカニストと山口のアフリカ的出自とを分けるポイントである。フィールド(調査地)としてのアフリカを去ったあとも、山口の中の「アフリカ」はさらに輝きを増して、著作の周囲を創造的に駆けめぐった。本巻は、高度に方法論化された「アフリカ」という概念とイメージを介して、山口の神話学・象徴人類学の達成を概観し、地域研究のなかに閉塞する社会科学の一傾向を鋭く撃つ。

この本の目次

1 いたずら者のメッセージ―概論的に
2 天と地を繋ぐ者―伝播論的に
3 神話の変身―形態論的に
4 野兎と王権の神話―構造論的に
5 破壊と創造の神話論的根拠―象徴論的に
6 反文化のミトロジー―始原論的に
8 「第三世界」の神話―戦略論的に

この本への感想投稿

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社HP、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
は必須項目です。おそれいりますが、必ずご記入をお願いいたします。

(ここから質問、要望などをお送りいただいても、お返事することができません。あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちらへ)







 歳


 男性   女性 

 公開可   公開不可