ちくま評伝シリーズ〈ポルトレ〉レイチェル・カーソン ─『沈黙の春』で環境問題を訴えた生物学者

筑摩書房編集部

「農薬によって生態系が破壊され、やがて鳥も虫も鳴かない沈黙の春が来る」 周囲の無理解や中傷と闘い、公害問題に取り組んだ生物学者の生涯。

ちくま評伝シリーズ〈ポルトレ〉レイチェル・カーソン ─『沈黙の春』で環境問題を訴えた生物学者
  • シリーズ:シリーズ・全集
  • 定価:本体1,200円+税
  • Cコード:0323
  • 整理番号:
  • 刊行日: 2014/10/23
    ※発売日は地域・書店によって
    前後する場合があります
  • 判型:四六判
  • ページ数:192
  • ISBN:978-4-480-76619-9
  • JANコード:9784480766199

この本の内容

「私が書くしかない」『沈黙の春』で公害問題に警鐘を鳴らし、自然との共生を訴えた女性の生涯。

この本の目次

第1章 私が書く
第2章 作家か生物学者か
第3章 人生は海とつながっている
第4章 『われらをめぐる海』
第5章 『沈黙の春』へ
第6章 論争
巻末エッセイ「レイチェル・カーソンが教えてくれたこと」(福岡伸一)

読者の感想

2015.3.01 ちょろべる

レイチェルは誰よりも、命の偶然の産物であるこの地球を、生き物としての人間を深く深く愛した人だったのですね。そして、この評伝の書き手のレイチェルに対する深い愛情に、強く強く、胸を打たれました。愛する気持ちは、読み手に多大な感銘を与えるものです。『沈黙の春』を、また、読みたくなりました。

この本への感想投稿

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社HP、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
は必須項目です。おそれいりますが、必ずご記入をお願いいたします。

(ここから質問、要望などをお送りいただいても、お返事することができません。あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちらへ)







 歳


 男性   女性 

 公開可   公開不可