自由民主主義の再検討 年報政治学2020−2

日本政治学会 編集

自由民主主義の価値は果たして自明のものなのか。持続性、歴史的意義、今日のそして未来のあるべき姿まで多様な確度から再検討する。編集委員長=田村哲樹

自由民主主義の再検討 年報政治学2020−2
  • シリーズ:シリーズ・全集
  • 4,620円(税込)
  • Cコード:3331
  • 整理番号:
  • 刊行日: 2020/12/15
    ※発売日は地域・書店によって
    前後する場合があります
  • 判型:A5判
  • ページ数:380
  • ISBN:978-4-480-86732-2
  • JANコード:9784480867322

この本の目次

特集(福祉国家論からみる自由民主主義体制の存立構造―政治システムのインプット、アウトプット、前提に注目して
極右に投票する労働者―階級ヘゲモニー政治の崩壊と再生
戦闘的民主主義の現在―多文化時代の民主主義防衛
指導と民主主義―民主的リーダーシップをもとめて
議会政党の存在意義―政治哲学の観点から
ロールズの制度的正義論と労働者管理型企業の位置づけ)
公募論文(ベルギー地域主義政党の政策的硬直―ウェッジ・イシュー戦略の帰結
エルサルバドルPKO派遣への道程―国連エルサルバドル監視団(ONUSAL)と日本の対応
フランス自由主義「第2世代」と“リベラル”の誕生―経済優先の時代に政治座標軸の再生は可能か?
ウォルファースとラスウェルの国家安全保障論の含意―能力強化に隠れた国内政策への道標
「市民性」を陶冶する教育、「国民性」を育む教育―ジョン・デューイにおけるナショナリズムと教育
報道量の党派的バイアスと外交争点の認知
政党の公認戦略と地元候補―規定要因としての選挙結果
NPOへの参加はなぜ忌避されるのか―コンジョイント実験による忌避要因の解明)
学界展望
学会規約・その他

この本への感想投稿

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社HP、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
は必須項目です。おそれいりますが、必ずご記入をお願いいたします。

(ここから質問、要望などをお送りいただいても、お返事することができません。あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちらへ)







 歳


 男性   女性 

 公開可   公開不可