コロナ禍とジェンダー 年報政治学2022‐1

日本政治学会 編集

女性の窮状、脆弱な層への負荷の偏り、ケアの危機等を生む権力構造を分析し、コロナ後の政治や行政を見通す。編集委員長=三浦まり

コロナ禍とジェンダー 年報政治学2022‐1
  • シリーズ:シリーズ・全集
  • 5,280円(税込)
  • Cコード:3331
  • 整理番号:
  • 刊行日: 2022/06/16
    ※発売日は地域・書店によって
    前後する場合があります
  • 判型:A5判
  • ページ数:496
  • ISBN:978-4-480-86740-7
  • JANコード:9784480867407
日本政治学会
日本政治学会

ニホンセイジガッカイ

1948年設立の由緒ある学会。学会誌である『年報政治学』は年2回刊行。各号それぞれ特集テーマに関連した特集論文と、特定のテーマにとらわれない独立論文とを掲載している。

この本の目次

特集(ジェンダーからパンデミック下の生政治・死政治を考える―現代日本の場合
社会的再生産理論(SRT)を手かがりに読み解くコロナ禍 ほか)
公募論文(明治前期における宮中・府中関係の形成―立憲君主制への階梯
ドラマにおける「悪い政治家像」は現実政治にも投影されるか?―「半沢直樹」を題材としたサーベイ実験より ほか)
書評(政治思想
政治史 ほか)
学会規約・その他(2021年度日本政治学会総会・研究大会記録(訂正版)
日本政治学会規約 ほか)

この本への感想投稿

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社HP、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
は必須項目です。おそれいりますが、必ずご記入をお願いいたします。

(ここから質問、要望などをお送りいただいても、お返事することができません。あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちらへ)







 歳

 公開可   公開不可