ジル・ドゥルーズ
ドゥルーズ,ジル

1925-95年。フランスの哲学者。1970年よりパリ第8大学教授。60年代以降の言語論的な転回、ポスト構造主義の思想的文脈のなかで思索を重ね、主著『差異と反復』(1968年)などを世に問う。また、ガタリとの共著『アンチ・オイディプス』(1972年)、『千のプラトー』(1980年)は、精神分析やマルクス主義の概念を援用した資本主義社会論として、大きな影響を与えた。

検索結果

前のページへ戻る
5件1~5件を表示しています。
       昇順に並び替え 降順に並び替え

基礎づけるとは何か

ジル・ドゥルーズ 著  國分 功一郎 編訳  長門 裕介 編訳  西川 耕平 編訳 

より幅広い問題に取り組んでいた、初期の未邦訳論考集。思想家ドゥルーズの「企画の種子」群を紹介し、彼の思想の全体像をいま一度描きなおす。

ちくま学芸文庫  文庫判   384頁   刊行日 2018/11/08  ISBN 978-4-480-09887-0
JANコード 9784480098870

定価:本体1,300 円+税

在庫  切れ中

カントの批判哲学

ジル・ドゥルーズ 著  國分 功一郎 翻訳 

近代哲学を再構築してきたドゥルーズが、三批判書を追いつつカントの読み直しを図る。ドゥルーズ哲学が形成される契機となった一冊。新訳。

ちくま学芸文庫  文庫判   240頁   刊行日 2008/01/09  ISBN 978-4-480-09130-7
JANコード 9784480091307

定価:本体880 円+税

在庫  ○

ニーチェは、今日?

ジャック・デリダ 著  ジル・ドゥルーズ 著  ジャン=フランソワ・リオタール 著  ピエール・クロソウスキー 著  林 好雄 翻訳  本間 邦雄 翻訳  森本 和夫 翻訳 

クロソウスキーの〈陰謀〉、リオタールの〈メタモルフォーズ〉、ドゥルーズの〈脱領土化〉、デリダの〈脱構築的読解〉の白熱した討論。

ちくま学芸文庫  文庫判   368頁   刊行日 2002/01/09  ISBN 978-4-480-08679-2
JANコード 9784480086792

定価:本体1,400 円+税

在庫  ○

ヒューム

ジル・ドゥルーズ 著  アンドレ・クレソン 著  合田 正人 翻訳 

ロックとともにイギリス経験論の祖とあおがれる哲学者の思想を、二〇世紀に興る現象学的世界観の先どり、《生成》の哲学の嚆矢と位置づける。

ちくま学芸文庫  文庫判   272頁   刊行日 2000/02/08  ISBN 978-4-480-08542-9
JANコード 9784480085429

定価:本体1,100 円+税

ニーチェ

ジル・ドゥルーズ 著  湯浅 博雄 翻訳 

〈力〉とは差異にこそその本質を有している――ニーチェのテキストを再解釈し、尖鋭なポスト構造主義的イメージを提出した、入門的な小論考。

ちくま学芸文庫  文庫判   240頁   刊行日 1998/05/08  ISBN 4-480-08421-5
JANコード 9784480084217

定価:本体900 円+税

在庫  ○

  • 1