笠谷 和比古
カサヤ カズヒコ

1949年兵庫県生まれ。京都大学文学部卒業。京都大学大学院文学研究科博士課程修了、同博士(文学)。専攻は日本近世史、武家社会論。国際日本文化研究センター教授などを経て、同センター名誉教授。これまでにチュービンゲン大学、ベルリン大学、北京外国語学院、フランス東洋言語学院等の客員教授を兼任。

検索結果

前のページへ戻る
3件1~3件を表示しています。
       昇順に並び替え 降順に並び替え

武士道の精神史

笠谷 和比古 著 

侍としての勇猛な行動を規定した「武士道」。だが、徳川時代に内面的な倫理観へと変容し、一般庶民の生活まで広く影響を及ぼした。その豊かな実態の歴史に迫る。

ちくま新書  新書判   240頁   刊行日 2017/05/09  ISBN 978-4-480-06960-3
JANコード 9784480069603

定価:本体800 円+税

在庫  ○

士(サムライ)の思想 ─日本型組織と個人の自立

笠谷 和比古 著 

中世に発する武家社会の展開とともに形成された日本型組織。「家(イエ)」を核にした組織特性と派生する諸問題について、日本近世史家が鋭く迫る。

ちくま学芸文庫  文庫判   320頁   刊行日 2016/07/06  ISBN 978-4-480-09736-1
JANコード 9784480097361

定価:本体1,200 円+税

在庫  ○

徳川吉宗

笠谷 和比古 著 

幕府中興の祖、八代将軍吉宗が創りあげた日本型組織システムの原型とは? 彼の改革政治のリーダーとしての資質に迫るとともに、享保の改革の全体像を考察する。

ちくま新書  新書判   240頁   刊行日 1995/09/19  ISBN 4-480-05644-0
JANコード 9784480056443

定価:本体660 円+税

  • 1