吉行 淳之介
ヨシユキ ジュンノスケ

(1924-1994)岡山市生まれ。東京大学中退。「モダン日本」の編集者を経て、54年『驟雨』で芥川賞を受賞。安岡章太郎、庄野潤三らと共に第三の新人と呼ばれた。66年『星と月は天の穴』で芸術選奨文部大臣賞、70年『暗室』で谷崎潤一郎賞、75年『鞄の中身』で読売文学賞、78年『夕暮まで』で野間文芸賞を受賞した。洗練された表現に柔軟な諧謔を織り込んだユニークな作風はエッセイにも及ぶ。

検索結果

前のページへ戻る
8件1~8件を表示しています。
       昇順に並び替え 降順に並び替え

吉行淳之介ベスト・エッセイ

吉行 淳之介 著  荻原 魚雷 編集 

洗練された表現に柔軟な諧謔。「文学」「男と女」「紳士」「人物」のテーマごとに厳選した、吉行淳之介の入門書にして決定版。解説 大竹聡

ちくま文庫  文庫判   384頁   刊行日 2018/02/06  ISBN 978-4-480-43498-2
JANコード 9784480434982

定価:本体950 円+税

在庫  ○

名短篇、ここにあり

半村 良 著  黒井 千次 著  小松 左京 著  城山 三郎 著  吉村 昭 著  吉行 淳之介 著  山口 瞳 著  多岐川 恭 著  戸板 康二 著  松本 清張 著  井上 靖 著  円地 文子 著  北村 薫 編集  宮部 みゆき 編集 

読み巧者の二人の議論沸騰し、選びぬかれたお薦め小説12編。となりの宇宙人、冷たい仕事、隠し芸の男、少女架刑、あしたの夕刊、網、誤訳ほか

ちくま文庫  文庫判   384頁   刊行日 2008/01/09  ISBN 978-4-480-42404-4
JANコード 9784480424044

定価:本体760 円+税

在庫  ○

懐かしい人たち

吉行 淳之介 著 

週刊誌小説の書き方を講義してくれた柴田錬三郎を始め、澁澤龍{@EBD6}、石川淳、色川武大、向田邦子らとの取っておきのいい話。 <br /> 【解説: 小島千加子 】

ちくま文庫  文庫判   256頁   刊行日 2007/06/06  ISBN 978-4-480-42335-1
JANコード 9784480423351

定価:本体740 円+税

吉行淳之介エッセイ・コレクション 4 トーク ─トーク

吉行 淳之介 著  荻原 魚雷 編集 

中島みゆきとプラトニック・ラブ論。川崎長太郎とハラハラドキドキの文学論。色川武大、今東光、立川談志等16人。名手の対談。 <br /> 【解説: 長部日出雄 】

ちくま文庫  文庫判   336頁   刊行日 2004/05/10  ISBN 4-480-03934-1
JANコード 9784480039347

定価:本体780 円+税

吉行淳之介エッセイ・コレクション 3 作家 ─作家

吉行 淳之介 著  荻原 魚雷 編集 

人生が仕立ておろしのセビロのように、しっかり身に合う人間には文学は必要ではない、という作家の創作の秘密。そして自伝。 <br /> 【解説: 荒川洋治 】

ちくま文庫  文庫判   336頁   刊行日 2004/04/07  ISBN 4-480-03933-3
JANコード 9784480039330

定価:本体780 円+税

吉行淳之介エッセイ・コレクション 2 男と女

吉行 淳之介 著  荻原 魚雷 編集 

男のセックスの最後の一発は「赤い玉がポンと出る」のか? 女の絶頂を見分けるには? 男女の秘事の奥の奥まで描き尽くす。 <br /> 【解説: 吉村平吉 】

ちくま文庫  文庫判   336頁   刊行日 2004/03/10  ISBN 4-480-03932-5
JANコード 9784480039323

定価:本体780 円+税

吉行淳之介エッセイ・コレクション 1 紳士

吉行 淳之介 著  荻原 魚雷 編集 

エッセイの名手のコレクション刊行開始! 違いのわかる男になるのは難しい。吉行兄貴が紳士のおしゃれ、口説き方等伝授! <br /> 【解説: 藤子不二雄A 】

ちくま文庫  文庫判   336頁   刊行日 2004/02/10  ISBN 4-480-03931-7
JANコード 9784480039316

定価:本体780 円+税

現代日本文学大系90 島尾・小島・安岡・吉行集

島尾 敏雄 著  小島 信夫 著  安岡 章太郎 著  吉行 淳之介 著 

シリーズ・全集  菊判   436頁   刊行日 1972/10/05  ISBN 978-4-480-10090-0
JANコード 9784480100900

定価:本体6,000 円+税

在庫  ○

  • 1