赤木 かん子
アカギ カンコ

児童文学評論家。長野県松本市生まれ。1981年、法政大学英文学科卒業。1984年に、子どもの頃に読んでタイトルや作者名を忘れてしまった本を探し出す「本の探偵」として本の世界にデビュー。以来、子どもの本や文化の紹介、ミステリーの紹介・書評などで活躍している。図書館の改善運動にも積極的で、近年は特に小中学校の図書館の活性化に努めている。編著書に、『こちら本の探偵です』(ちくま文庫)、『本で調べてほうこくしよう』(ポプラ社)などの調べ学習の本、『絵本・子どもの本 総解説』(自由国民社)などのブックリスト、「ラブストーリーセレクション」「ミステリーセレクション」(いずれもポプラ社)などのアンソロジー等、多数。

検索結果

前のページへ戻る
2件1~2件を表示しています。
       昇順に並び替え 降順に並び替え

今こそ読みたい児童文学100

赤木 かん子 著 

知らないと恥ずかしい古典も。図書館に埋もれている名作も。読まずにいるのはモッタイナイ! 物語の世界に心ゆくまでひたれる、選りすぐりの百冊を紹介します。

ちくまプリマー新書  新書判   240頁   刊行日 2014/05/07  ISBN 978-4-480-68917-7
JANコード 9784480689177

定価:本体860 円+税

在庫  ○

こちら本の探偵です

赤木 かん子 著 

幼い頃に夢中になったあの本、何だっけ。あやふやな記憶の断片をたよりに名作児童書を見つける本の探偵の奮闘記。資料の上手な探し方も伝授!

ちくま文庫  文庫判   304頁   刊行日 2005/09/07  ISBN 4-480-42125-4
JANコード 9784480421258

定価:本体700 円+税

  • 1