島本 慈子
シマモト ヤスコ

1951年大阪生まれ。ジャーナリスト。震災・仕事・住宅などのテーマに取り組み、阪神・淡路大震災時の住宅ローン問題を取材した『倒壊――大震災で住宅ローンはどうなったか』(筑摩書房)を98年に刊行、話題を呼ぶ。この分野の第一人者。他の著作に『ルポ 労働と戦争』『ルポ 解雇』『戦争で死ぬ、ということ』(岩波新書)などがある。

検索結果

前のページへ戻る
5件1~5件を表示しています。
       昇順に並び替え 降順に並び替え

大震災で住宅ローンはどうなるのか

島本 慈子 著 

国民の一割以上がマンションで暮らす、地震多発国ニッポン。「家を失い、借金だけが残った」の悲劇を避けるために。これから買う人も、もう買った人も必読の書!

単行本  四六判   192頁   刊行日 2012/04/25  ISBN 978-4-480-86416-1
JANコード 9784480864161

定価:本体1,400 円+税

在庫  ○

倒壊  ─大震災で住宅ローンはどうなったか

島本 慈子 著 

住宅ローン制度ができて初めての都市大地震から十年。震災が明らかにしたこの国の住宅政策の驚くべき実態! そして今――。 <br /> 【解説: 山中茂樹 】

ちくま文庫  文庫判   320頁   刊行日 2005/01/06  ISBN 4-480-42044-4
JANコード 9784480420442

定価:本体740 円+税

住宅喪失

島本 慈子 著 

リストラ・非正規雇用への転換により急増するローン破綻。住宅金融公庫も廃止され、ローンを完済しても建替で追い出されるかもしれない――これは他人事じゃない!

ちくま新書  新書判   224頁   刊行日 2005/01/05  ISBN 4-480-06215-7
JANコード 9784480062154

定価:本体700 円+税

子会社は叫ぶ ─この国でいま、起こっていること

島本 慈子 著 

規制緩和・構造改革・会社再編成の嵐の中、いち早く問題が現れる子会社の現場を丹念に取材し、いま「人間」に何が起こっているかを問う迫真のドキュメンタリー。

単行本  四六判   240頁   刊行日 2002/06/25  ISBN 4-480-86339-7
JANコード 9784480863393

定価:本体1,800 円+税

倒壊

島本 慈子 著 

家が壊れローンだけが残った――破産? 建替? 補修? マンションはどうなったか。地震で露わになった戦後の住宅政策の根本的な問題点の数々。驚くべき実態のルポ。

単行本  四六判   256頁   刊行日 1998/12/10  ISBN 4-480-86319-2
JANコード 9784480863195

定価:本体1,800 円+税

  • 1