君塚 直隆
キミヅカ ナオタカ

1967年生まれ。立教大学文学部史学科卒業。英国オックスフォード大学セント・アントニーズ・コレッジ留学。上智大学大学院文学研究科史学専攻後期博士課程修了。博士(史学)。東京大学客員助教授、神奈川県立外語短期大学教授などを経て、関東学院大学国際文化学部教授。専攻はイギリス政治外交史、ヨーロッパ国際政治史。著書に『立憲君主制の現在』(新潮選書、サントリー学芸賞受賞)、『物語 イギリスの歴史(上・下)』『ヴィクトリア女王』(以上、中公新書)、『ジョージ五世』(日本経済新聞出版社)、『肖像画で読み解く イギリス王室の物語』(光文社知恵の森文庫)、『近代ヨーロッパ国際政治史』(有斐閣)など多数。

検索結果

前のページへ戻る
2件1~2件を表示しています。
       昇順に並び替え 降順に並び替え

ヨーロッパ近代史

君塚 直隆 著 

なぜヨーロッパは世界を席巻することができたのか。「宗教と科学の相剋」という視点から、ルネサンスに始まり第一次世界大戦に終わる激動の五〇〇年を一望する。

ちくま新書  新書判   352頁   刊行日 2019/01/07  ISBN 978-4-480-07188-0
JANコード 9784480071880

定価:本体1,000 円+税

在庫  ○

女王陛下の影法師

君塚 直隆 著 

イギリスでは 陛下の秘書官 は王室と政府をつなぐ重要な存在である。その役割をヴィクトリア女王からエリザベス2世までの歴史の中で検証するイギリス近代史。

単行本  四六判   336頁   刊行日 2007/07/25  ISBN 978-4-480-86118-4
JANコード 9784480861184

定価:本体2,900 円+税

  • 1