柴山 雅俊
シバヤマ マサトシ

1953年愛知県生まれ。東京大学医学部卒業。精神病理学専攻。虎の門病院精神科医長を経て、現在、東京大学精神神経科講師。医学博士。最近は解離性障害に関心を持ち、100例を超える豊富な臨床経験から、外国直輸入ではない独自の病態理解と治療に没頭している。共著に『気分障害と類縁反応』『臨床精神医学講座 気分障害』(ともに中山書店)、『精神科――専門医にきく最新の臨床』(中外医学社)、『児童期精神障害』『症候からみた精神医学』(ともにメジカルビュー社)、『TEXT精神医学』(南山堂)他。

検索結果

前のページへ戻る
1件1~1件を表示しています。
       昇順に並び替え 降順に並び替え

解離性障害  ─「うしろに誰かいる」の精神病理

柴山 雅俊 著 

「うしろに誰かいる」という感覚を訴える人たちがいる。高じると自傷行為や自殺を図ったり、多重人格が発症することもある。昨今の解離の症状と治療を解説する。

ちくま新書  新書判   224頁   刊行日 2007/09/05  ISBN 978-4-480-06383-0
JANコード 9784480063830

定価:本体780 円+税

在庫  ○

  • 1