竹内 修司
タケウチ シュウジ

1936年生まれ。東京外国語大学卒業後、文藝春秋社入社。雑誌・書籍の編集に携わる。2000年退社。文教大学情報学部教授を経て、フリー。著書に『幻の終戦工作―ピース・フィーラーズ 1945夏―』(文春新書)等がある。

検索結果

前のページへ戻る
5件1~5件を表示しています。
       昇順に並び替え 降順に並び替え

戦後日本の「独立」

半藤 一利 著  竹内 修司 著  保阪 正康 著  松本 健一 著 

第二次大戦後の日本は本当に自立できたのか。再軍備・講和問題・吉田ドクトリン・・・十五のテーマから語り尽くす、占領下から「独立」への道。

ちくま文庫  文庫判   480頁   刊行日 2018/07/09  ISBN 978-4-480-43525-5
JANコード 9784480435255

定価:本体1,000 円+税

在庫  ○

戦後日本の「独立」

半藤 一利 著  竹内 修司 著  保阪 正康 著  松本 健一 著 

1952年、講和条約が発効し、日本は「独立」する。その独立の内実とそこに至る経緯は一体いかなるものだったのか。第一級の昭和史研究者たちが検証する。

単行本  四六判   416頁   刊行日 2013/08/08  ISBN 978-4-480-85806-1
JANコード 9784480858061

定価:本体2,400 円+税

在庫  ○

占領下日本 上

半藤 一利 著  竹内 修司 著  保阪 正康 著  松本 健一 著 

1945年からの7年間日本は「占領下」にあった。この時代を問うことは戦後日本を問いなおすことである。天皇からストリップまでを語り尽くす。

ちくま文庫  文庫判   304頁   刊行日 2012/08/08  ISBN 978-4-480-42965-0
JANコード 9784480429650

定価:本体780 円+税

在庫  ○

占領下日本 下

半藤 一利 著  竹内 修司 著  保阪 正康 著  松本 健一 著 

日本の「占領」政策では膨大な関係者の思惑が錯綜し揺れ動く環境の中で、様々なあり方が模索された。昭和史を多様な観点と仮説から再検証する。

ちくま文庫  文庫判   304頁   刊行日 2012/08/08  ISBN 978-4-480-42966-7
JANコード 9784480429667

定価:本体780 円+税

在庫  ○

占領下日本

半藤 一利 著  竹内 修司 著  保阪 正康 著  松本 健一 著 

戦後日本の大枠は1945年から52年までのアメリカ占領下で決められたが、多くの謎や未解決の問題が残されている。その解明に挑んだ4人の専門家の白熱の討論の記録。

単行本  四六判   464頁   刊行日 2009/07/23  ISBN 978-4-480-85791-0
JANコード 9784480857910

定価:本体2,300 円+税

在庫  ○

  • 1