サージ・ラング
ラング,サージ

1927〜2005年。フランス生まれの数学者。10代のとき家族とともに渡米し、プリンストン大学でエミール・アルティンに学ぶ。ブルバキメンバーの一人。代数学・数論において業績を上げたほか、学生向けのすぐれた教科書の書き手としても知られ、著書に『解析入門』(岩波書店)、『ラング数学を語る』(シュプリンガー・ジャパン)などがある。

検索結果

前のページへ戻る
2件1~2件を表示しています。
       昇順に並び替え 降順に並び替え

ラング線形代数学 上

サージ・ラング 著  芹沢 正三 翻訳 

学生向けの教科書を多数執筆している名教師による線形代数入門。他分野への応用を視野に入れつつ、具体的かつ平易に基礎・基本を解説。

ちくま学芸文庫  文庫判   288頁   刊行日 2010/05/10  ISBN 978-4-480-09287-8
JANコード 9784480092878

定価:本体1,300 円+税

ラング線形代数学 下

サージ・ラング 著  芹沢 正三 翻訳 

『解析入門』でも知られる著者はアルティンの高弟だった。下巻では群・環・体の代数的構造を俯瞰する抽象の高みへと学習者を誘う。

ちくま学芸文庫  文庫判   272頁   刊行日 2010/05/10  ISBN 978-4-480-09288-5
JANコード 9784480092885

定価:本体1,300 円+税

在庫  ○

  • 1