宮田 珠己
ミヤタ タマキ

1964年、兵庫県生まれ。大阪大学工学部卒業後、会社勤めの傍らアジア各地を旅する。旅への思いを断ち切れず、有給休暇を使い果たしてから退職。現在は旅とレジャーを中心に幅広い分野で執筆活動を続けている。著書に『旅はときどき奇妙な匂いがする』(筑摩書房)、『旅の理不尽 アジア悶絶篇』『四次元温泉日記』(以上ちくま文庫)、『おかしなジパング図版帖――モンタヌスが描いた驚異の王国』(パイインターナショナル)ほか多数。

検索結果

前のページへ戻る
6件1~6件を表示しています。
       昇順に並び替え 降順に並び替え

アジア沈殿旅日記

宮田 珠己 著 

旅に私の人生が飲み込まれることは、きっともうない。それでも私は旅をしたい――。中年に到り、ふたたびアジアへ! 迷走旅エッセイ。

ちくま文庫  文庫判   256頁   刊行日 2018/11/08  ISBN 978-4-480-43555-2
JANコード 9784480435552

定価:本体740 円+税

在庫  切れ中

旅するように読んだ本 ─墨瓦鑞泥加書誌

宮田 珠己 著 

読書とは頭の中で旅をすることでもある。旅好きで本好きなタマキングが選んだ、笑える人文書たち。あなたも本で旅をしませんか。

ちくま文庫  文庫判   256頁   刊行日 2015/06/10  ISBN 978-4-480-43274-2
JANコード 9784480432742

定価:本体740 円+税

在庫  ○

四次元温泉日記

宮田 珠己 著 

迷路のような日本の温泉旅館は、アトラクション感あふれる異次元ワンダーランドだった! 名湯を巡る珍妙湯けむり紀行14篇。

ちくま文庫  文庫判   304頁   刊行日 2015/01/07  ISBN 978-4-480-43238-4
JANコード 9784480432384

定価:本体720 円+税

在庫  ○

旅はときどき奇妙な匂いがする ─アジア沈殿旅日記

宮田 珠己 著 

旅に私の人生が飲み込まれることは、きっともうない。それでも私は旅をしたい――。『旅の理不尽』(ちくま文庫)以後、ふたたびアジアへ! 迷走旅エッセイ。

単行本  四六判   224頁   刊行日 2014/12/08  ISBN 978-4-480-87879-3
JANコード 9784480878793

定価:本体1,500 円+税

在庫  ○

四次元温泉日記

宮田 珠己 著 

風呂嫌いの宮田クンついに温泉に行く。迷路のような温泉旅館はアトラクション感あふれる異次元ワンダーランドだった! ヌルくてアツい珍妙湯けむり紀行。

単行本  四六判   264頁   刊行日 2011/12/05  ISBN 978-4-480-87842-7
JANコード 9784480878427

定価:本体1,500 円+税

在庫  ○

旅の理不尽 ─アジア悶絶篇

宮田 珠己 著 

旅好きタマキングが、サラリーマン時代に休暇を使い果たして旅したアジア各地の脱力系体験記。鮮烈なデビュー作、待望の復刊! <br /> 【解説: 蔵前仁一 】

ちくま文庫  文庫判   272頁   刊行日 2010/05/10  ISBN 978-4-480-42709-0
JANコード 9784480427090

定価:本体680 円+税

在庫  ○

  • 1