白戸 圭一
シラト ケイイチ

1970年埼玉県生まれ。立命館大学国際関係学部卒。同大学大学院国際関係研究科修士課程でアフリカ政治研究を専攻。毎日新聞社入社後、鹿児島支局、福岡総局(現西部本社報道部)、外信部を経て2004〜 08年、南アフリカ・ヨハネスブルク特派員。政治部、外信部を経て2011年4月からワシントン特派員。『ルポ資源大陸アフリカ 暴力が結ぶ貧困と繁栄』(東洋経済新報社)で、2010年の日本ジャーナリスト会議(JCJ)賞受賞。『社会開発諭』(有信堂高文社)、『南アフリカを知るための60章』(明石書店)など共著多数。

検索結果

前のページへ戻る
2件1~2件を表示しています。
       昇順に並び替え 降順に並び替え

アフリカを見る アフリカから見る

白戸 圭一 著 

もはやアフリカは哀れみの目で「援助」する対象ではない。アフリカ諸国の過去と現在をどうとらえ、日本はどうかかわっていくべきか。篠田英朗氏との対談も収録。

  新書判   256頁   刊行日 2019/08/05  ISBN 978-4-480-07242-9
JANコード 9784480072429

定価:本体820 円+税

在庫  ○

日本人のためのアフリカ入門

白戸 圭一 著 

負のイメージで語られることの多いアフリカ。しかし、それらはどこまで本当か? メディアの在り方を問い直しつつ「新しいアフリカ」を紹介する異色の入門書。

ちくま新書  新書判   240頁   刊行日 2011/04/05  ISBN 978-4-480-06601-5
JANコード 9784480066015

定価:本体760 円+税

在庫  ○

  • 1