木村 泰司
キムラ タイジ

1966年生まれ。カリフォルニア大学バークレー校卒業。専攻は西洋美術史。ロンドン・サザビーズ美術教養講座にてWorks of Art修了。講演、セミナーなど開催多数。著書に、『名画の言い分』(ちくま文庫)、『世界のビジネスエリートが身につける教養「西洋美術史」』(ダイヤモンド社)、『名画は?をつく』シリーズ(ビジュアルだいわ文庫)などがある。

検索結果

前のページへ戻る
2件1~2件を表示しています。
       昇順に並び替え 降順に並び替え

印象派という革命

木村 泰司 著 

モネ、ドガ、ルノワール。日本人に人気の印象派の絵は、優しいイメージでとらえられがちです。しかし、じつは美術史に変容をもたらした革新的な芸術運動でした。作品の裏側には、近代社会の幕開けによって、人びとがはじめて味わうことになった孤独や堕落が隠されています。本書では、印象派の絵を合わせ鏡として、時代精神が近代にいかに向き合ったのかを読み解きます。図版資料100点以上収載。

ちくま文庫  文庫判   320頁   刊行日 2018/10/10  ISBN 978-4-480-43547-7
JANコード 9784480435477

定価:本体950 円+税

在庫  ○

名画の言い分

木村 泰司 著 

「西洋絵画は感性で見るものではなく読むものだ」斬新で具体的なメッセージを豊富な図版とともにわかりやすく解説した西洋美術史入門。 <br /> 【解説: 鴻巣友季子 】

ちくま文庫  文庫判   304頁   刊行日 2011/06/08  ISBN 978-4-480-42828-8
JANコード 9784480428288

定価:本体950 円+税

在庫  ○

  • 1