山折 哲雄
ヤマオリ テツオ

一九三一年生まれ。東北大学文学部印度哲学科卒業。国立歴史民俗博物館教授、国際日本文化研究センター教授、同センター所長などを歴任。宗教学者。著書に『さまよえる日本宗教』(中公叢書)、『近代日本人の宗教意識』(岩波現代文庫)、『空海の企て』(角川選書)、『親鸞をよむ』(岩波新書)、『愛欲の精神史』(角川ソフィア文庫)、『往生の極意』(太田出版)、『「始末」ということ』(角川oneテーマ21)、『信ずる宗教、感ずる宗教』(中央公論新社)ほか多数。

検索結果

前のページへ戻る
1件1~1件を表示しています。
       昇順に並び替え 降順に並び替え

救いとは何か

森岡 正博 著  山折 哲雄 著 

この時代の生と死について、救いについて、人間の幸福について、信仰をもつ宗教学者と、宗教をもたない哲学者が鋭く言葉を交わした、比類なき思考の記録。

筑摩選書  四六判   224頁   刊行日 2012/03/13  ISBN 978-4-480-01540-2
JANコード 9784480015402

定価:本体1,500 円+税

在庫  問合せ

  • 1