桜井 徳太郎
サクライ トクタロウ

1917年、新潟県生まれ。東京文理科大学文学部史学科卒業。東京教育大学教授、駒澤大学教授、同学長、日本民俗学会会長などを務める。柳田国男に師事し、民間信仰やシャマニズム研究の分野で、多くの業績を残した。著書に『日本民間信仰論』『沖縄のシャマニズム』『日本のシャマニズム』『神仏交渉史研究』『結衆の原点』『私説 柳田國男』などがある。2007年に逝去。

検索結果

前のページへ戻る
1件1~1件を表示しています。
       昇順に並び替え 降順に並び替え

新編 霊魂観の系譜

桜井 徳太郎 著 

死後人はどこへ行くのか。事故死した者にはなぜ特別な儀礼が必要なのか。3・11を機に再び問われる魂の弔い方。民俗学の名著を増補復刊。 <br /> 【解説: 宮田登 】

ちくま学芸文庫  文庫判   288頁   刊行日 2012/07/10  ISBN 978-4-480-09468-1
JANコード 9784480094681

定価:本体1,200 円+税

  • 1