マイケル・ウォルツァー
マイケル・ウォルツァー

1935年生まれ。アメリカの政治哲学者・批評家。ブランダイス大学卒業後、ハーヴァード大学にて博士号取得。現在、プリンストン高等研究所名誉教授。雑誌『ディセント』『ニューパブリック』の編集に携わるほか、「アメリカ・ユダヤ人会議」のメンバーを務めるなど、精力的な社会批判を実践。著書に『正義の領分』『道徳の厚みと広がり』『寛容について』『政治と情念』『正しい戦争と不正な戦争』など。

検索結果

前のページへ戻る
1件1~1件を表示しています。
       昇順に並び替え 降順に並び替え

解釈としての社会批判

マイケル・ウォルツァー 著  大川 正彦 翻訳  川本 隆史 翻訳 

社会の不正を糺すのに、普遍的な道徳を振りかざすだけでは有効でない。暮らしに根ざしながら同時にラディカルな批判が必要だ。その可能性を探究する。

ちくま学芸文庫  文庫判   256頁   刊行日 2014/10/08  ISBN 978-4-480-09639-5
JANコード 9784480096395

定価:本体1,200 円+税

在庫  ○

  • 1