カール・ヤスパース
カール・ヤスパース

1883−1969年。精神病理学から哲学に転じ、実存主義哲学を創唱したドイツの哲学者。1921年にハイデルベルク大学哲学教授となるが、1937年にナチスからユダヤ系夫人との離婚勧告を受け拒否。これにより大学を追放される。戦後復職し総長代理となるが、1948年にスイス・バーゼル大学教授に転じ1961年まで同大学で教えた。主な著書に『哲学』『現代の精神的状況』『精神病理学総論』『歴史の起源と目標』などがある。

検索結果

前のページへ戻る
1件1~1件を表示しています。
       昇順に並び替え 降順に並び替え

われわれの戦争責任について

カール・ヤスパース 著  橋本 文夫 翻訳 

時の政権に抗いながらも侵略国の国民となってしまった人間は、いったいにどう戦争の罪と向き合えばよいのか。戦争責任論不朽の名著。

ちくま学芸文庫  文庫判   256頁   刊行日 2015/03/10  ISBN 978-4-480-09669-2
JANコード 9784480096692

定価:本体1,100 円+税

在庫  ○

  • 1