G.W.F.ヘーゲル
ゲオルク.ヴィルヘルム.フリードリヒ.ヘーゲル

1770-1831年。ドイツの哲学者。ドイツ観念論の完成者。自然・歴史・精神の全世界を不断の変化・発展の過程としてとらえ、これを絶対精神の弁証法的発展とみなし、それを学問的に把握するのが哲学であるとした(絶対的観念論)。著書は他に『論理学』『法律哲学綱要』『哲学的諸科学エンチクロペディ』など。

検索結果

前のページへ戻る
2件1~2件を表示しています。
       昇順に並び替え 降順に並び替え

精神現象学 上

G.W.F.ヘーゲル 著  熊野 純彦 翻訳 

人間精神が、対象の知覚という低次の段階から「絶対知」へと至るまでの壮大な遍歴を描いた不朽の名著。平明かつ流麗な文体による決定版新訳。

ちくま学芸文庫  文庫判   672頁   刊行日 2018/12/10  ISBN 978-4-480-09701-9
JANコード 9784480097019

定価:本体1,700 円+税

在庫  問合せ

精神現象学 下

G.W.F.ヘーゲル 著  熊野 純彦 翻訳 

人類知の全貌を綴った哲学史上最大の快著。四つの原典との頁対応を付し、著名な格言を採録した索引を巻末に収録。従来の解釈の遥か先へ読者を導く。

ちくま学芸文庫  文庫判   624頁   刊行日 2018/12/10  ISBN 978-4-480-09702-6
JANコード 9784480097026

定価:本体1,700 円+税

在庫  問合せ

  • 1